スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 08日

廃線跡トレッキング&温泉入浴ツアー

e0022047_2218879.jpg

e0022047_22185538.jpg

e0022047_221956100.jpg

e0022047_22202275.jpg

廃線跡トレッキング&温泉入浴ツアー
パック料金1,300円


別にツーリストの新商品ではない
先の日曜日テニスの仲間でハイキングに行った

何年か前に福知山線が複線になり
直線的にトンネルを掘って
大幅な時間短縮に成功した

それまで使われていた単線の
川の側ををくねくねとゆっくり走っていた
線路は廃線になった
今は一般に開放されて
ハイキングコースになっている

約6kmのコースは2時間位の
中レベルの適当なハイキングが出来る
武庫川上流の岩石の多い
綺麗な渓流を見ながら
新緑の中を歩くのは気持が良い

JR宝塚から生瀬まで電車に乗り
生瀬から旧の塩瀬を越えて
武田尾にいたる
途中何箇所かのトンネルを通る
かなり長いトンネルでは
入り口出口からの光が届かず
全くの真っ暗闇となる
懐中電灯は必携である

約2時間掛けてゆっくり歩くと
終点武田尾駅に到着する
此処で昼食を川原で食べる
川のせせらぎを聞きながら
新緑の山々を眺め
トビがゆっくり舞うそんな中でのお弁当は
最高に旨い

武田尾と言えば昔からの温泉だ
3軒ほど有る温泉宿を訪ねると
一番奥の鄙びた旅館「元湯」館が
温泉だけ利用できるとのこと

早速一人1,000円を払って
全員大浴場でノンビリお湯に浸る
長時間歩いた疲れがすっかり取れた
窓から新緑を眺めながらの
温泉は又格別

湯上りに自動販売機でビールを買って乾杯
私は350mlを頂いたが
これが300円・・ちなみに500mlは400円
湯上りに頂いたので
渇いた喉越しが堪らない
当てはないが旅館のお上が
漬物と塩コブを盛って出してくれた

締めて1,300円の出費で
廃線跡のハイキングと
由緒有る鄙びた温泉でビールを頂いて
気持ちよく帰路に就いた

このパック絶対お勧め^^

[PR]

by captain_spoc | 2009-06-08 22:52 | スナップ | Comments(22)
Commented by Taka at 2009-06-08 23:51 x
GWに家族で行ってきました。
次女が携帯を落として、拾ってくれた方がいて・・・
と大騒ぎでしたが、楽しかったです。
自分たちは武田尾から生瀬へと歩きました。
生瀬から武田尾へ向かう過多の方が多いんでしょうか?
Commented by j_capacity at 2009-06-09 00:48
良さそうですね~!
近いので、ぜひ行ってみます^^。
Commented by jh3rdg at 2009-06-09 01:07
懐かしいです 小学校の時 家族4人で生瀬に 飯ごう炊さん
に行き 蒸気機関車の時代の トンネルを歩いたことがあります
仰せのとおり まさに2枚目のイラストの通りでした
トンネルから出たら家族全員 すすだらけでした
今回はいかがでしたか? もうすすはないのでしょうか?
Commented by Seth at 2009-06-09 06:43 x
トレッキング、イイですネ!
そろそろ歩くと汗ばむ季節ですが…
いい景色に触れながら汗をかいた後の一杯はうまいだろうナ〜♪
Commented by ikabe at 2009-06-09 07:47
お早うさんです 壊中電灯無く若い奥さん子供抱いてトンネルの中一人で歩く人にすれ違いました 良く歩かれたと思います トンネルを抜け出る後ろ姿の自身初めて視ました 懐中電灯忘れた一人です 参った々・・  
Commented by yoshinobori at 2009-06-09 11:10 x
このコース一度歩いてみたいと思っておりました。
1300円のパック料金にも魅かれます。
懐中電灯がいるということは、トンネルが長いのですね。
Commented by kaznoda at 2009-06-09 20:25
2時間で6キロの歩きだったら私にも大丈夫そう・・・
こんな気持ちの良いコース、私も参加したいものです
真っ黒(まっ暗)なトンネル?とても恐そう(ホラー映画の見すぎ?)です
Commented by shkphappy at 2009-06-10 07:15 x
中高年版映画「スタンド バイ ミー」の趣きあり
近ければ 即 実行でした
Commented by tugumi2006 at 2009-06-10 11:43
いいですなぁテニス仲間とハイキング。
写真を見ただけでも癒されます。1枚目のトンネルを抜けた写真に惹かれます。
Commented by スポック艦長  at 2009-06-10 12:27 x
☆Takaさんこんにちは^^
武田尾から生瀬までのこのハイキングコース
武田尾側は駅からすぐにコースへ入ります
生瀬側は駅からコースまでかなり歩きます

どちら側からも入ってこられすれ違いました
どちらが良いと言う事は無いと思います
但し後の温泉を考えるならば生瀬から進入が良いと思います
Commented by スポック艦長  at 2009-06-10 12:32 x
☆純之助さんこんにちは^^
昨日初めてオフでお逢いしてまじめな性格が滲み出る
お話し振りに感心いたしました
今後とも宜しくお願いいたします

このコース是非一度歩かれたら良いと思います
とても野趣溢れる自然味一杯の良いコースです^^
Commented by スポック艦長  at 2009-06-10 12:35 x
☆jh3rdgさんありがとう御座います^^
蒸気機関車の時代と言えばかなり昔・・・
それから電化されかなり年月が経ちました
すすだらけにはなりませんでしたが名残りはまだ有るようです^^
Commented by スポック艦長  at 2009-06-10 12:37 x
☆Sethさんこんにちは^^
暑くもなく寒くもなく丁度良い季節
テニスの抽選が外れ今月は練習日が少ないので
代わりに計画されました
とても楽しい一日が過ごせました^^
Commented by スポック艦長  at 2009-06-10 12:40 x
☆ikabeさんこんいちは^^
一番長いトンネルは真ん中あたりは真っ暗闇
後のご夫婦は懐中電灯がないので難儀している様子で
一緒にお誘いしました
ところが向こうから若い奥さんが子供づれで
真っ暗の中から懐中電灯無しで出てきたのには驚きました
灯り無しであのトンネルを独りで行くには勇気が要りますね
Commented by スポック艦長  at 2009-06-10 12:44 x
☆yoshinoboriさん是非トライされることをお勧めいたします
距離的にもほどほどで適当な運動量になります
歴史有る温泉に1,000円で入れるのも魅力です

但し一番長いトンネルは真ん中あたりは光が差し込みませんので
真の暗闇・・・
絶対懐中電灯は持って行ってください
Commented by スポック艦長  at 2009-06-10 12:47 x
☆kaznodaさんこんにちは^^
絶対お勧めですよ・・・
今度皆で挑戦いたしましょう
ワイワイ話しながら写真撮りながら・・
あっという間に完走です
真っ暗なトンネルの恐怖感も楽しんでください^^
Commented by スポック艦長  at 2009-06-10 12:52 x
☆shkphappyさんありがとう御座います
スタンバイミイ・・・まさにあの映画のシチュエーション
男の子ならあんな小さな冒険心を持っているものです
3枚目の写真・・鉄橋には蒸気機関車は通りませんが
高い歩行通路で川を渡るときのぞくぞくする気持ち
真っ暗なトンネルの中の一寸した恐怖感
子供心に帰りました^^
Commented by スポック艦長  at 2009-06-10 12:56 x
☆つぐさんこんにちは^^
鳥見をされていると自然は身近に感じておられますが
トンネルを抜けるとき向こうから身体が染まりそうな
深い新緑が見えてくるのはまるで映画を見ているようで
とても新鮮でした^^
Commented by tt-hayashi at 2009-06-10 21:25
廃線になった線路後をハイキングコースに開放されているのですか・・
真っ暗闇のトンネル、ちょっと楽しそうですね。
Commented by nextday55 at 2009-06-10 22:47
なつかしか~~
何年か前 少しの悩みを抱えた時 一人で歩いたんですよ
ついでに温泉に浸かって 牡丹鍋つっついて 緑の空気w思いっきりすって「まーいいか」って帰りました なつかしい風景 
ありがとさん!!
Commented by captain_spoc at 2009-06-10 23:45
☆tt-hayashiさんこんばんは^^
かなり有名なハイキングコースとなりました
長いトンネルではかなりの距離
真っ暗な何も見えないほどの闇が続きます
それを出ると渓谷を越える鉄橋があり
かなり変化に富んだコースです
Commented by captain_spoc at 2009-06-10 23:47
☆nextdayさんこんばんは^^
辛い悩みを抱えた女一人旅・・ってか(^^ゞ
なんかカッコイイ単独ハイキングでしたね

でも憂さを晴らしてスッキリして帰られる
自然って素晴らしい力がありますね^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 6月の花      御堂筋痛快疾走 >>