スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 29日

全天周撮影習作

MOSAIC
e0022047_2181586.jpg

全天撮影をしたような
模擬写真を画像処理で作りました
繋ぎ目の面の色の馴染ませ方などがわからず
不完全ですがとりあえずアップいたします

フォトショップエレメントで処理いたしましたが
機能のほとんどは使ったことが無く
一つ一つ使いながら理解して行くしかないと思います

****今日の天星人語****

通りと様子

日本語は日本人にとっても大変難しい
タイトルに例題として並べたのは
どちらも母音を延ばす言葉だが
かたや「とおり」でありかたや「ようす」である
「とうり」や「よおす」では目的の文字は出ない
二つはどう違うのか・・・

つに濁点「づ」とすに濁点「ず」の違いも同じだ
宝塚や日付などは「づ」とつに濁点だ
「す」に濁点では文字は出ない
これは元の文字が「つか」や「つく」など
つに濁点と判る

しかし「お」と延ばす場合と「う」と延ばす場合の
違いが確かな理論が判らない
大阪の人は知っているだろうが
箕面市は「みのう」か「みのお」か迷うところ
どなたか教えて欲しい

[PR]

by captain_spoc | 2009-06-29 21:30 | レタッチ | Comments(12)
Commented by ts20d at 2009-06-30 00:21 x
spocさん
mosaic 手がこんでいて とてもおもしろく出来ていますね
Commented by ikabe at 2009-06-30 06:22
オー凄い 之はもう さかなのめ は不要ですね spocさん 
お早う御座います 色々楽しみが沸いて来ますね
又見せて下さい・・ 
Commented by captain_spoc at 2009-06-30 10:59
☆ts20dさんおはよう御座います^^
メッチャ手が込んでいます(^^ゞ
最近は撮影にも行っていないのでストックが無く
フォトショで遊んでいます
Commented by captain_spoc at 2009-06-30 11:02
☆ikabeさんおはよう御座います^^
写真のストックが無いので過去のストックで遊んで見ました
画像処理も使っていなければ忘れてしまいます
練習の意味で新しい試みをしています
Commented by tt-hayashi at 2009-06-30 23:49
新しく魚眼レンズを購入・・・・・と思いましたよ。
フォトショップ持ってますが、こんなこともできるのですね。
Commented by どない at 2009-07-01 11:43 x
すごい! こんな事が出来るんですねぇ・・
Commented by captain_spoc at 2009-07-01 20:30
☆tt-hayashiさんこんばんは^^
フォトショップには知らない機能が沢山あります
少しずつ練習してみます
Commented by captain_spoc at 2009-07-01 20:32
☆どないさんどないしてまんねん・・と親父ギャグ^^
最近はツーリングはご無沙汰ですか?
これは写真のストックが無くなったので
遊びでやりました^^
Commented by wakorisa at 2009-07-03 21:38
「お」と「う」の違い,私も知りたいです。
「箕面」は「みのお」だと思っていました。
「面」が「面白い」の“おも”だから,「箕面」も“お”かな,と。
・・・全然説明になってませんが(^^;)
Commented by スポック艦長  at 2009-07-04 08:59 x
☆wakorisaさんおはよう御座います^^
「お」と延ばすのは通り、氷、透視等数知れています
他は「う」と延ばしておけば間違いないようです
面は水面などと「も」と読みますので
「みのも」から「みのお」と変じたのではないかと思いますが・・
Commented by しずか at 2009-07-10 12:58 x
ガラスの器に夜景が映っているのかと思いましたよ^^
きれいですね。。。。。
ガラスの器で、冷そうめん。。。。の季節だと次の瞬間には思っていましたけど。。。。(^_^;)
Commented by captain_spoc at 2009-07-10 15:14
☆しずかさんいらっしゃい^^
ソウメン・・・ピンポーンです(*'-')b OK!
連日暑いものですからついつい昼は
ソウメンを湯がいています
2分で出来ることと喉越しが爽やかで
暑い日には最高です
手間もかからず簡単手料理が出来ます^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 御堂筋彫刻群      六甲高山植物園その3 >>