2009年 10月 17日

さ~て困った(ーー;)

e0022047_22352112.jpg

昨年チュウシャクシギを見た場所で
今年も再会したので撮影・・・
と思ったが判らんようになった








チュウシャクシギかホウロクシギかで迷っています
腰と羽の裏側が白くないのでダイシャクシギは無いだろう

フィールドガイド日本の野鳥によると
チュウシャクシギの腰は白いと有るが
日本の野鳥590や山渓ハンディ図鑑日本の野鳥の
数ある写真で腰の白色が確認できない
何処に白色があんねん?

チュウシャクシギとするならば頭側線だ
どの写真も有るような無いような
僅かに色濃くなっているショットも有るが
頭側線と言えない様に見える

過眼線については日本の野鳥590
及び山渓日本の野鳥で褐色と有るが
この写真では見られない
と言っても図鑑の写真にも
はっきり過眼線が出ていないショットも有る

腰の白さ、頭側線、過眼線から
ホウロクシギと考えました
ご意見をお聞かせください

[PR]

by captain_spoc | 2009-10-17 23:25 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by jh3rdg at 2009-10-18 02:23
ホウロクシギ ダイシャクシギ チュウシャクシギ コシャクシギ ハリモモチュウシャクシギ 
艦長を悩ます鳥とはどんなやつ?と思って
山渓カラー名鑑 日本の野鳥を見たらたくさんいて
どれも似たり寄ったり・・・
大きさが少し違うか 腹が白めか・・・
・・・悩んで下さい^^
Commented by tt-hayashi at 2009-10-18 17:44
この種の鳥の同定って難しいですね。
シギにも沢山種類がいて、私にはさっぱり・・・・・
そろそろ、鳥さん撮りしたくなりましたよ。
Commented by Shin's at 2009-10-18 17:46 x
何年も前から拝見していますが、初コメントです。

お考えの通り、ホウロクシギおそらく幼鳥でしょうね。
ダイシャクとよく見られるチュウシャクの腰は白です。亜種ハドソニクスは
白くありませんが北米種なので出合うことは少ないでしょう。
結論に至るプロセスも私の場合と同じく頭側線と過眼線に注目しておられるので
見慣れれば迷いもなくなるのでは?と思います。
ホウロクの幼鳥とチュウシャク、チュウシャクの幼鳥とコシャクこれらの識別も一度
迷っておけば理解できると思います。

嘴の色が上下ともにピンクを帯びている場合は、ほぼチュウシャクの可能性が消える
ような気がします。要するに自身が「似ている!」と感じる種は予め予習しておかないと
フィールドで区別することはおろか、肝心の生観察でしか得られない情報を見逃す可能性
が高くなりもったいないと思います。
Commented by スポック艦長 at 2009-10-18 22:59 x
☆jh3rdgさんこんばんは^^
シギチドリ類は撮影に行く機会が少ないので
とても同定が難しいです
近所で干潟そのものが無くなってしまいましたね
そんなシギチが飛来してくるような海岸を
返して欲しいです
Commented by スポック艦長 at 2009-10-18 23:01 x
☆tt-hayashiさんこんばんは^^
確かにシギは撮影の機会が少ないので
なかなか同定が難しいです
そろそろ冬鳥の季節が来ますので
鳥さんの撮影に出かけてみてください
良い出会いが有るかも・・です^^
Commented by スポック艦長 at 2009-10-18 23:06 x
☆Shin'sさん初めまして・・・^^
良くいらっしゃいました
今回は詳しくアドバイスいただきましてありがとう御座います
頭側線と過眼線がポイントですね
これからはここを注意して臨むようにいたします
コメントは何時でもご遠慮なく
ご自由に書き込んでください
今後とも宜しくお願いいたします


<< 新型・・・      三田三輪神社秋祭りその2 >>