スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 11日

鳥ネタで・・・

e0022047_21322087.jpg

先日訪れた昆陽池の鴨
なぜか羽を広げてバシャバシャと水しぶきを上げる
これはカワウも同じようにする
何か意味が有るのだろうか
羽に着いた寄生虫でも落としているのだろうか・・




e0022047_21355384.jpg

君は何を思うのか
夕陽に向かって佇んでいる(鳥でもたたずむと言うのだろうか)
手を伸ばせば触れそうな近くでも逃げもせず
物思いに耽っている

****今日の天星人語****

肝機能検査

私はC型肝炎を患って以来
毎月肝機能検査をしている
10月分の検査結果を先日聞いた
結果は正常値とはいえないが
そんなに危険な数値ではないとの事

検査のための採血をしたのが先月の20日過ぎ
その時は理由も判らず何気にシンドイ日々
これはキット肝機能の数値が悪くなっているからだと
一寸心配していた
先生にも「今月は結果が悪そうです・・」と弱音を吐いていた

先生は笑顔でまあ結果を見てみましょうと仰った
それが前述のまあまあの結果だったので
先生からも良かったですねと慰められた

何故結果が悪いと言う予想をしたのか
長年患っていると肝機能が悪くなると身体がだるい
テニスなどのスポーツをしても直ぐ息が上がり
朝の寝起きも悪く大体予想が当たっていた

このように自覚症状はシンドイと言う一点だけ
でも身体がだるいと言う症状は
寝不足でも、風邪気味でも、運動をやりすぎた翌日でも
精神が病んでいる時も倦怠感を感じる
肝臓が悪くてしんどいのと区別がつかない

今回はどうも夏の疲れが出たようで
肝機能はどうも無かったのだから
素直に喜んだ

ン十年も肝炎ウィルスと付き合っていると
一寸身体がだるいだけで
又肝臓が悪くなったのだろうかと取り越し苦労するのが
習慣になって身についてしまった
本当に始末の悪い病気だ

果たして罹患した原因はなんだろうかと考えてみた
最初に肝炎ウィルスが発見された時
病院から聞き取り調査が行われた
「貴方は刺青をしていますか」
「ヒロポンを打った事がありますか」
「手術で輸血をした事がありますか」
等々

最後の質問は血清肝炎と言われた輸血で伝染するためだが
刺青とかヒロポン(戦後の覚せい剤の名前)とか
とんでもない質問が出た
どれも血が混じる事が原因のための質問だ
返事は何れもNOだ

唯一つ思い出されるのは
学校の予防接種で注射針の消毒を
アルコールを染ませた綿で簡単に
針先を消毒して次々と回し打ちをやっていた
前に並んだ生徒がウィルスを持っていれば
その注射針を介して伝染したかもしれない

現在の注射はディスポーザブルと言って
一回使うと使い捨てになっている
お陰でC型肝炎の患者数も減っているそうだ

インターフェロン治療を試みたが
ウィルスを完全に殺す事は出来なかった
だからウィルスとは死ぬまで一緒に暮らさなければならない
出来る事ならおとなしく俺の身体の中で暮らして欲しい

[PR]

by captain_spoc | 2009-11-11 22:12 | 野鳥 | Comments(10)
Commented by Seth at 2009-11-12 03:39 x
80になる私の父は昔体が弱かったそうで、でも今はとても元気で
そんな父曰く、弱かったからこそ自分の体を気遣う気持ちがあり
今でも元気なんだと♪
一病息災、病は無い方が良いに決まっていますが、
上手く病と付き合うことも大切なんですネ
Commented by nextday55 at 2009-11-12 10:43
うわーすごい水しぶき・・
それに大きなスズメ びっくりするがな
これ二科展いきですね~1度だしてみてください

ところで舌足らずの私を いつもフォローくださり感謝しています ありがとうございます
Commented by jh3rdg at 2009-11-12 14:50
「一病息災」 その一病は誠に大きく人生に大きく影響した様子が
伺えます よく乗り越えてここまで来られましたね

一方小学校では市から健康優良児で表彰され50代後半まで
風邪くらいは引きましたが 殆ど無病できた私は
健康であることの有り難さをを意識することなく過ごして
今になって色々と・・・艦長さんに「大丈夫か?」といたわれるようになり
後悔は先に立ちませんが これから健康に留意しながら少しずつ
歩みたいと思います
Commented by tt-hayashi at 2009-11-12 21:47
水遊びした犬が水を切るような仕草ですね・・・鳥たちの目的は
何でしょうね・・
スズメ、近寄れそうで近づけないのがスズメですか、このスズメさん
何か考え事でもしてたのかな。
Commented by スポック艦長 at 2009-11-12 23:19 x
☆Sethさんこんばんは^^
とても勇気付けられるコメントをありがとう御座います^^
ウィルスが生きているのは事実ですが
養生すれば普通の健康人と変わらない生活が出来ますし
最近は若いときより元気になったようで
Sethさんのお父上と同じような状況で大変心強いです
Commented by スポック艦長 at 2009-11-12 23:25 x
☆nextday55さんこんばんは^^
最近は鳥ネタが少なくて無理やりアップした感もあります^^;
二科展なんてそんなハイレベルなコンテストには無理無理
それに他人様のフォローなんてよーしまへんでー^^
Commented by スポック艦長 at 2009-11-12 23:34 x
☆jh3rdgさんこんばんは^^
一病息災のこの一病・・・ホンマに人生ひん曲がってしまいましたーー;
しかしこれも人生受け入れざるを得ないですよね

一日の小さい一歩は一年365日5年10年と経過すると
とても大きな差になって帰ってきます
小さな事からコツコツと・・・言うは易し西川きよし
ナンノコッチャ^^;
Commented by スポック艦長 at 2009-11-12 23:38 x
☆tt-hayashiさんこんばんは^^
犬がぶるッと身体を震わせて水を跳ね飛ばしますね
鳥達は羽を広げてバシャバシャと水を叩いて水しぶきを上げます
まるで子どもが水を叩いて遊ぶように・・・
不思議な行動です
この公園のスズメは結構そばまで寄ってくれます
最小合焦点近くまで寄れました^^
Commented by Shin's at 2009-11-14 08:05 x
翼打ちという水浴びの最中ですね。この動作必ず片羽に偏って行われます。
両翼均等に羽ばたくと浮き上がるせいでしょう。また、宙返りや助走を伴うことも
しばしばで、羽根についた羽ダニなどを水圧で振るい落としているものと思います。
逆光で見るこの動作はダイナミックでいいですよね。

インターフェロン治療の経験もおありなんですね。
医療行為によって、健康な者が患者になってしまう、いわゆる医原病は知られているだけでもエイズや肝炎ウィルス等少なくありません。
これらコンタミネーション(略してコンタミ)は測定系ではクロス・コンタミやキャリオーバー
と呼ばれるように人体間の汚染だけでなく、異常高値の測定値は(GOT/GPTなど)
測定系の汚染も引き起こしたものです。
現在ではディスポは当たり前の概念ですが、過去には簡単な消毒で済ませること
も多かったですし、国の医療行政はこれらの医原病の存在を長らく放置しました。
艦長さんにはお気の毒ですが、物言わぬ肝臓を気遣い、他臓器に負担をかけず、
無理せずに好きな写真でストレスを緩和するような生活を心がけてほしいです。
Commented by スポック艦長 at 2009-11-14 23:35 x
☆shin'sさんこんばんは^^
何時も詳しいアドバイスを頂き感謝です
宙返りや助走は見たことないです
親兄弟が全く肝炎に無縁ですので
多分この予防注射の回し打ちが原因と思っております
ただ最近は数値も安定してきており
強ミノも打たなくて薬だけになって居ます
名前
URL
削除用パスワード


<< キタムラフォトコンテスト200...      秋の植え替え >>