2009年 11月 21日

THIS IS IT





ビートに乗ろう

マイケル・ジャクソンの遺作となった
「THIS IS IT」をみてその迫力に圧倒された
I-MAXと言う大画面で見たので
その迫力はまるで自分がリハーサルのステージ上に居るようだ

King of popsと言われるだけに
ビートの利いたダンスミュージックは聴く人を虜にする
MJと言えば今までロリ趣味だとか
白人になり損ねた男と言う負のイメージが強いが
ジャクソン・ファイブの時代から
常にポップの世界をリードしてきた

彼の才能は歌だけではなくて
そのダンスにこそ稀代の実力を発揮している
そしてこのコンサートの為にオーディションを行って
世界中から集まったバックダンサーたちの技術は世界でも有数の技術であろう
しかしMJは彼らにも負けないステップを踏める

ムーン・ウォークやロボットのような動きのブレイクダンスは
彼が最初にトライしたと言って良いだろう
そしてそのバックダンサーとの群舞は凄いとしか言いようが無い
私も客席で踊りだしたくなってしまった

ただ残念なのは2方向からのカメラが
デジタルではないのか又は画素が少ないのか
クリアさが欠ける
ほとんどのシーンはとてもクリアな画面で
サラウンドの音楽といい見るものの臨場感は素晴らしい

こんなにビートの利いた音楽を聴く(見る)のに
周りの聴衆はジッと椅子で固まったままなのだ
まるでクラッシックを聞くような
又は「冬のソナタ」のドラマを見るように
大人しく見ている
ビートに乗れないのが信じられないくらいだ

私はというとビートに乗せられて身体が動く
かかとかつま先でリズムを取る
パーカショニストのように膝を叩いてリズムを取る
頭が左右にリズムに合わせて揺れる
とてもジッとして居れないほどのビートのシャワーである

スィングジャズもそうだが
リズムに乗るなら身体の一部でリズムを取ろう
そうするならば彼の音楽も更に魅力有るものとして
貴方のハートにビートを叩きつけて来ると思う

[PR]

by captain_spoc | 2009-11-21 23:39 | 日常 | Comments(4)
Commented by きょんち at 2009-11-22 07:45 x
私も行きましたよ!先週水曜のレディースデーに(笑)
さすが年配のおばちゃんばっかり、超満員でした♪
私はマイケルと同い年、いまだスリムなシルエット、昔とぜんぜん変わらない歌声、いやむしろ昔よりパワーアップしてるかもしれない・・・・
この人が今はこの世に居ない、信じられない思いです。
たとえこの才能と引き換えで辛いことが多かったにしても、彼にはもっと幸せに生きて欲しかった・・・

’70・’80のロック世代ですが、あの当時はコンサートでノリノリで立ち上がろうものなら、警備員が飛んできて座席に押し付けられた時代でした(笑)
それからかな・・・・?妙に神妙に聴くくせが(>_<)
Commented by captain_spoc at 2009-11-22 13:52
☆きょんちさんこんにちは^^
>警備員が飛んできて座席に押し付けられた時代でした(笑)
座席に押し付けられましたか・・爆
ひどい事をするモンです^^

と言いながらも最近の若い子たちのコンサート
みんな立ち上がるのでこれは一寸退いてしまいます
周りは皆立っているのに最後まで立てませんでしたーー;
(小田和正のコンサート)
演歌のオバチャンたちのように座って聞きたいものです^^
Commented by seth-y at 2009-11-23 11:41
コンサートだと当たり前の事が映画だと遠慮してしまうんだと思います^^
昔、私の高校時代フィルムコンサートと言うものがあって
友人達と出かけたのですが、
ライブと違って映画館だと騒ぐ事をためらったのを覚えています
Commented by スポック艦長 at 2009-11-23 16:58 x
☆Seth-yさんこんばんは^^
ライブと映画との違いなんでしょうかね・・・
確かに映画はドラマにしても大人しく見るのがマナーですから
そこに音楽が流れても乗り切れないのでしょう
判る気がします


<< 服部緑地公園探鳥会      キタムラ・フォトコン楯受領 >>