2009年 12月 18日

冬鳥を求めて

ビンズイ
e0022047_2231231.jpg

久し振りに冬鳥を求めて
写友と甲山森林公園へ出かけた
鳥らしい鳥はほとんど居なかった
今年は冬鳥がやけに少ないか
来るのが遅いのか・・・
兎に角鳥そのものに出くわさない

ビンズイ、ヤマガラ、エナガ、カワセミ、キセキレイ
そのほかに写友がミサゴ、ジョウビタキ♀
こんな程度だ
留鳥がほとんどだ




e0022047_0132987.jpg


****優勝劣敗****






先日阪神競馬場へ行ったとき
「荒ぶる本能」をアップした日ですが
目の前でとんだアクシデントが起きた

新馬戦のレース途中で
1頭の馬が足を骨折して
騎手を振り落とし
騎手は落馬して全く動く気配なく
救急車で運ばれた
骨折した馬もトラックへ乗せられて退場した

私はトップ集団を必死で追いかけて
ファインダーに入れるのに夢中
トップ集団が目の前を走り過ぎて
ホット一息入れたとき
ドッタンバッタンと一頭の馬が目の前へ来た

よく見ると騎手が乗っていない
騎手は何十メートルか手前で寝転がって動かない
馬はビッコをひいている
よく見ると脚が骨折して
骨折した骨が見え
皮一枚で脚の先がぶら下がっている状態だ

何万人かの観衆からざわめきが起きた
それはそこに居る皆が
骨折した馬のこれからの運命を知っているだけに
哀れみのざわめきだ

そこへ調教師と思しき男が駆け寄って
脚をワナワナと震わせて立っていられない状態で
うずくまり背中を震わせて号泣している
芝居で脚をワナワナさせる演技は見るが
実際に極限の状態では足が震えて
立っていられない事が良く判った

馬はと言うと必死でまだ走ろうと3本脚で飛び跳ねる
私もファインダーを覗きながら両目から涙が流れ落ちた
「可哀想になあ・・かわいそうになあ」とつぶやきながら
シャッターを押し続けた
新馬戦での出来事と言う事は
生まれてはじめての大観衆の前での晴れのレースだ
丹精込めた調教師の気持ちも良く判る

速く走るために掛け合せを繰り返し
無駄な贅肉は全てそぎ落とし
脚も細く長くなっている
サラブレッドは勝たなくては生きる意味がない
若い間のレースに出て勝つ間は花だ
年老いたサラブレッドの老後は幸せとは言いがたい
全く人間の欲の為にこの世に生まれ出でたのだ

この世界では優れたものが勝ち劣るものが負けるのではない
勝ったものが優れて負けたものは劣ると烙印を押される
血統はよくなくても地方競馬から勝ち上がる馬も居る
これこそ勝つから優れているのである

勝つ馬は種馬として大事にされる
骨折すればやく殺され負ける馬は種馬にもなれない
優勝劣敗の厳しい世界は人間の欲で出来上がった世界だ

[PR]

by captain_spoc | 2009-12-18 23:18 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by jh3rdg at 2009-12-19 10:24
何か今年は色んな事故に遭遇しつらい経験をしましたねえ
でも良いこともたくさん有りました 
来年は更に良いことがたくさん有りますように・・・・
Commented by スポック艦長 at 2009-12-19 17:29 x
☆jh3rdgさんこんばんは^^
なんと少年の事故から丁度ひと月目
少年の事故が13日の金曜日、競馬は12日の土曜日
この世に生を受けたものが亡くなるのを眼前で見るのは本当に辛いです
近い身内が心臓が止まり電気ショックで身体がバーンとベットの上に
何度も何度も跳ね上がるのを見ながら
見送った辛い経験がありますので死は恐怖です
Commented by tugumi2006 at 2009-12-19 20:10
今年はあまり冬鳥を見かけませんね。
で、遠征してきました。
カワセミ嬢がきれいですね
Commented by tt-hayashi at 2009-12-19 20:46
骨折した競馬馬の行く末は"薬殺"って聴いてますが、ちょっと残酷な
世界ですね。
冬鳥、今年は少ないですか・・・・機器を追加して少しは鳥撮りがしやすく
なったので、今シーズンはちょっと頑張ってみようかと・・・・。
Commented by スポック艦長 at 2009-12-19 23:21 x
☆つぐさんこんばんは^^
やっぱり冬鳥が少ないようですね
カワセミは日陰の暗い場所で日暮れに近い時間なので
一寸甘いのが残念です^^
オシドリは北摂の団地だと思うのですが^^
Commented by スポック艦長 at 2009-12-19 23:24 x
☆tt-hayashiさんこんばんは^^
ペットの犬などは怪我をすると病院で治療しますが
馬は走れないのは役立たずで治療なんかしません
薬殺の憂き目に会うのです
あまりにひどい仕打ちではないでしょうか


<< ユリカモメと遊ぶ      OSAKA光のルネサンス2009 >>