スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 05日

生命の輝き

e0022047_204956100.jpg

e0022047_2052739.jpg

e0022047_20524159.jpg

この地球上の生きとし生けるものは
生きる喜びに溢れ生命がキラキラと輝いている
悠久の年月この自然とそこに生きる生き物は
大自然の恩恵を受けながら
何千年何万年と変わらぬ生きかたである

そこに人類が現れ自然を人間の生き方に合わせて
便利に作り変えながらそして自然を壊しながら
その棲息地域を広げていった

ブログフレンドのPokerface_TMさんのブログに
コハクチョウが冬の間居付いて居るという記事に
どうしてもこの目で見たくなった
記事によると毎朝何処からともなく餌場に飛来してくるらしい
ならば早朝に着けば飛翔が見る事が出来るかもしれない

現場の琵琶湖岸に着いた時は
もう10羽のコハクチョウは飛来していた
しかしそこに広がる景色は
いつも行く昆陽池とのあまりの違いに驚く

面積も何千倍何万倍有るだろうが
そこに居る野鳥の数も半端じゃない
先ず目に飛び込んだのがオオバン
都市近辺の池では一羽居れば珍しいくらいだが
群れを成して湖面に浮かんでいる
オオバン小判がザーック・ザーック・ザック・ザク♪

コハクチョウも昆陽池に毎年一羽飛来してくる
此処には10羽が居る
後はおなじみキンクロ、オナガ、ヒドリ、ホシハジロ
その数はとても数え切れない

これこそ大自然の懐の広さだろうか
昆陽池でも大自然の営みの端っこのほんの一部で
自然の営みを垣間見る事が出来る
そこでカモやコブハクチョウを撮って
ネイチャーと称してアップしているが
トンでもハップン歩いて5分だ・・・?
この琵琶湖の野鳥の生きかたこそネイチャーと言えるだろう

この琵琶湖も整備が進んで
湖岸に綺麗な観光道路が出来
いたるところに駐車場とトイレが作られている
何処で止まっても雄大な琵琶湖と野鳥と
自然の営みを目の当たりにする事が出来る

先日行った豊岡のコウノトリの郷では
中国から飛来したエヒメちゃんの事を紹介したが
イデオロギーや国境も関係なく
中国から愛媛に渡ってきて
豊岡のコウノトリと番になった
今はその相手に連れられて豊岡に居付いて居るようだ
自然や生き物には国境など関係なく
中国の香りを豊岡まで運んでくれた

地球は人間だけの物でなく
と言うより人類より先に野鳥たちは生きてきた
だから人類はこの地球を自分たちの勝手に変えてはならない
折角京都議定書締結をしたのに
先進国や発展途上国やと責任の押し付け合い

この委員たちを是非この琵琶湖に連れてきて
自然の偉大さそして生命の輝きを見せてやりたい
琵琶湖でさえこのように美しいのだから
シベリアやアラスカ、北極などは
生命の輝きが光り輝いているであろう

今日は4GBのカードを装着して赴いた
それも写しきるほどに撮りまくった
鳥としては初認の鳥ではないが
とびもんの写真を中心に撮った

今日はキンクロハジロの大群と
ヒドリガモ、ホシハジロの飛翔をアップした
果たしてコハクチョウは飛んでくれたのだろうか
飛びもんを中心に分けてアップいたします

[PR]

by captain_spoc | 2010-02-05 21:36 | 野鳥 | Comments(12)
Commented by tt-hayashi at 2010-02-05 21:58
琵琶湖の野鳥のスケールは桁が違うようですね・・・目の前に様子が
浮かんでくるようです。
こちらからも1時間半ほどあればいける距離、一度でかけてみたくなりました。
Commented by jh3rdg at 2010-02-05 22:53
私もtt-hayashi さんと同感です
琵琶湖の野鳥なんて考えつきませんでした 是非行って実物を
見たいものです 
のびのびと飛ぶ鳥たちに感動を覚えます
Commented by てつ at 2010-02-05 23:48 x
連日のバイタリティーあふれる撮影にとても刺激を受けます。
そして艦長の写真と自然に対する熱い思いがひしひしと伝わってきて、
なんだか背筋が伸びる思いです。
いつも良い刺激を頂きありがとうございます。

琵琶湖はホントにスケールが大きいですね。

Commented by きょんち at 2010-02-06 06:59 x
琵琶湖、やっぱりすごい・・・・それにしても艦長さん、昨日は日本海側に今日は琵琶湖に。なんという行動力でしょうか!
昔母が湖北を撮りに行くというので運転手として雇われて(笑)付いて行ったのですが、雪で遭難しかけました。あれ以来行ってませんね~ぜひまた行ってみなくては!
南極では温暖化で溶けた氷河の下から大地が見え始めている場所があるんだそうです。そこの地権を各国が争い始めているそうですよ。
こういうのを「亡者」っていうんでしょうねぇ・・・・
Commented by jetbeats at 2010-02-06 12:16
こんにちは
先ず先日からの艦長さんの行動力に脱帽!
自然相手のスケールの違いは想像を超え,その撮影をもってして写欲のとどまる事はありませんね(^^)
ましてやそこに艦長さんの拘りが入ってくると
もう誰も止める事はできないのだろうと想像し,沢山の刺激をいただいております^^;
Commented by nextday55 at 2010-02-06 21:13
あまりにも綺麗な 見事な鳥達の舞いにコメを控えてしまいます
ど素人のわたしは ただ「すごいな~」
♪ 飛ぶもんにつかれた男がひとり~~ ♪  寒そう~~♪
一緒に飛びあがらんでください
Commented by captain_spoc at 2010-02-06 22:42
☆tt-hayashiさんこんばんは^^
それはもうスケールの違いに腰を抜かしました
これぞ野生の生きかただと思いました
街の公園では人間に近すぎます

ぜひhayashiさんも尋ねてみては如何でしょう
時間的には大阪からとそんなに変わらないようですね
Commented by captain_spoc at 2010-02-06 22:45
☆jh3rdgさんこんばんは^^
本当にのびのびと飛び回り大自然を謳歌しているようでした
それは野鳥を撮りだして初めて感じた感動でした
その感動を少しでも皆さんに伝えたかったのですが
腕が伴わないから是非ご自身が現地へ行かれることをお勧めします
Commented by captain_spoc at 2010-02-06 22:48
☆てつさんこんばんは^^
この大きなスケールの琵琶湖を目の前にして
大変感動いたしました
その感動を絵にしようと夢中でシャッターを切りまくりました
そしてこの美しい自然が何時までも残されますよう祈るばかりです
Commented by captain_spoc at 2010-02-06 22:52
☆きょんちさんこんばんは^^
日本海と琵琶湖にはほぼ1週間の間隔がありますから
そんなにしんどくはないですよ
思い立ったらジッとして居れない性格なんです
温暖化は緊急の問題だと思うのですが
私の好きなSFの世界では宇宙人が攻めてくると
世界防衛軍を編成して一致団結して戦うのですが
軍備費用は何処が持つのでしょう・・なんて話にもならないです(爆
Commented by captain_spoc at 2010-02-06 22:56
☆kikuさんこんばんは^^
そのスケールを目の前にして如何にこの感動を写し取るか・・
必死のパッチでシャッター切りまくりました
でも現地に行ってみることが一番感動ものだと思います
まだまだ上手く感動を切り取る事が出来たのでは・・と反省仕切りです
Commented by captain_spoc at 2010-02-06 22:59
☆nextday55さんこんばんは^^

>コメを控えてしまいます
そんな遠慮はご無用と思し召せ
出たきり老人は飛び上がりは出来ませんが
カメラ担いでアチコチ徘徊老人になっております^^


<< 生命の輝き(その2)      放鳥コウノトリ >>