2010年 10月 09日

The professional

先日友人の紹介で小料理屋へランチを食べに行った
友人の知り合いの娘さんがそこで調理人修行をしているとの事
場所は上野東2丁目交差点南側
ここらあたりは豊中駅からバスで梅花女子校、豊中高校経由
東豊中へ出ていた
その先は竹林の山だった
そうもう半世紀も前の話だ

それが千里万博開催のお陰で
中央環状道路、や国道171号線が拡幅され
モノレール少路駅までできて昔の面影は無い


先付け、前菜




お造り盛り合わせ

蛸には梅肉を絡ませてさっぱりと
後はイカに白身魚の3種盛り合わせ


お吸い物

白身魚に焼きナスとゴマ豆腐
出汁が最高に美味くコクを感じた



天ぷら

野菜3種のほかにレンコンを卸して栗やうなぎなどを
ユバで巻いて揚げている


鯛めしに赤だし

客一人毎に小さな釜でその場で炊き上げる炊き込みご飯


デザート



全ての料理を堪能した
私も仕事が現役の時は梅田や新地の繁華街で
社用で使う高級な料理屋を使っていたが
そこには引けをとらないように思った

大将はまだ若いが腕は確かなものとお見受けした
現役を離れて最近は社用で接待もした事が無く
プロの料理人の料理は久し振りだ
一期一会の客に美味いと感じさせ
又来て貰うために彼らは腕を振るう

家庭料理は365日毎日食べる
だから当然味は薄味が良い
だがたまにこう言ったプロの料理を頂く時に
ああこれがプロの料理だなあと感じる
その為に高い金を出して食べに行くのである

この日はお吸い物の出汁を飲んだ時に
香りとコクが私の体中に染み渡り
久し振りにああこれがプロの味だと
つくづく幸せを感じた

お昼のランチが2,200円とは驚いた
新地あたりだと3,500円はすると思った
そこが豊中の場所だからそんなものかなあ
夜の会席も5,000円前後とリーズナブル

もし皆さんも訪れるなら
アルコールを飲まずに料理を真剣に味わって欲しい
手間隙かけ腕によりをかけてプロが客に出す
造りなどはネタがよければ何処でも一緒
でもここの天ぷらなどは隠し味の裏に
又隠し味とかなり手間をかけている

絶対客を失望させない店である


店構え

ビルの2階に有る


そのビルに掛かっている看板が目印

[PR]

by captain_spoc | 2010-10-09 00:50 | 日常


<< 茨木市美術展表彰式      Jumping Boader ... >>