2010年 10月 18日

激流川下り

e0022047_212245100.jpg

e0022047_21233753.jpg

e0022047_21243238.jpg

e0022047_21252660.jpg

先日アップしたカヤックの写真です
これはと思うものはすでにアップいたしました
これはその残りいわゆるカスの中からピックアップいたしました

カスと言えども最初の2枚は
どうしても心の中に引っ掛かって捨てられませんでした
私自身が気に入っているのです
でも単写真ではとても受け入れられないでしょう
あまりにもぶれすぎています

そこで3枚目のチョイブレを1枚入れて
説明的に状況を見せて
最後に沈する場面を足して
組み写真ではどうだろうかと考えてみました

今この乗り手の単写真を応募中です
ですから今これは応募できません
応募中の作品が落選したら
挑戦する積りです

一寸跳び過ぎた作品ですが楽しみです
皆さんも楽しみにしていてください
最後のショットのように沈する場面を・・・爆





我が家の床暖のリビングの1枚に熱が来ません
台所や風呂場、リビングの別の1枚の残り5枚は熱が来ています
もうそろそろ必要な時期なので大阪ガスに修理を依頼いたしました
すると現場をチョコッと見て見積もりしますと言う事

長い日数が経って出てきた見積もりが¥98,200
メッチャ高いじゃないですか
明細を見てみると熱動弁 6台
暖房ヘッダーに配管1式
これって本体から床暖パネルまでの配管1式を
新規にやりかえる見積もり

現場に見に来た作業員に対応したカミサンの話では
熱動弁や暖房ヘッダーの取り付け位置が
床下に入る入り口から遠くて
メンテしにくいのでやりかえるとの事

冗談じゃあない熱動弁の取り付け位置などは
大阪ガスの工事の人が取り付けた位置
私が頼んでそこへつけてもらったわけではない
そこへ取り付けて上からパネルを張ったのは工事の人
それをメンテしにくいからと
俺が金を出して配管をやり直すのは理屈に合わない

早速工事をした大阪ガスに交渉に行った
もし熱動弁の1台が悪いのなら
その取替えと取り付けで1万円ほどで済む
今もって何が悪いのか原因究明もできていない
その機器が取り付けている場所に行けないのでチェックできないのだ

もう一度検討して連絡いたしますとの返事で引き上げたが
さあその返事がまだ来ない
自分たちの工事のミスでチェックできないのなら
責任は相手側にあり私が金を出して
チェックしやすい場所に機器を取り付けなおすのは
絶対におかしい

なんなら本町の大阪ガス本社に乗り込むし
らちが明かなければ消費者センターに持ち込む覚悟

[PR]

by captain_spoc | 2010-10-18 22:15 | スナップ


<< 生命の讃歌      秋のきらめく光の中で・・・ >>