2010年 12月 20日

ふたたび(SWING ME AGAIN)

映画「ふたたび」を観た
ジャズの演奏が予告編で流れていたので気に留めていた

今もって差別に苦しめられているハンセン病患者
スィングジャズ・バンドの話をベースにした
差別の告発の映画です

泣きました
元々涙もろくなっている私は
映画の製作者がここは泣かそうと作った場面に来ると
その手に乗って泣いてしまいます
人目も気にせず泣きました

でも良いんです
爽やかな涙でした
今親父バンドが流行っている時代にピッタリのストーリー
そして神戸を舞台にした
親、子、孫の3世代が織り成す家族愛
音楽を通じた変わらぬ友情

こんな良質な映画が陽の目を見ずに終了するのは惜しいです
機会があれば是非見てください
昔だったら文部省推薦って字幕が付くでしょう(笑








[PR]

by captain_spoc | 2010-12-20 21:49 | 日常


<< ブログ仲間の年忘れ写真展      写真展忘年会 >>