2010年 12月 29日

黄昏

e0022047_23184566.jpg

冬の日没はとても早い
午前中カミサンをリハビリの為に病院に連れて行き
昼食を作っていたら
あっという間に昼過ぎになる

だから遠出もできず手軽に近場の昆陽池に行く
着いてポイントに行けば
もう日暮れの時間だ

慌てて何枚か撮ればもう日暮れ
帰って夕食の準備で一日終わり
何もない春です・・・♪
と森進一が歌っていたが
何も出来なくて一日が過ぎていく

何か物寂しい写真になってしまった
・・・・・反省




カミサンを連れて近所の開業医へ毎日通っている
今朝そこでご近所の佐々木さんに会った
こちらへ近づいてきて話しかけてきた

つい先日女房が亡くなったんですと言う
ホエッ・・
以前から車椅子の奥様を連れて道で出会ったことが良くある
原因はリュウマチだったそうだ

もうかれこれ闘病30年以上になると言う
膝が悪化して人工関節を入れ
次に股関節がやられてこれまた人工関節
終には頚椎に来て以降寝たきり
ずっとご主人が介護されてきたそうだ

眼光鋭く取っ付きにくい風貌で
年のころなら75歳前後か
会っても頭を下げる程度の挨拶しかしなかったが
人は見かけによらぬもの
そんな苦労が有ったなどと露知らず
話を聞いて目頭が熱くなった

一生の大半をそんな風に闘病生活で送り
本人も回りも悪戦苦闘の毎日
そんなことを思えば我が家のなんと平和なことか
夫婦ともにそこそこの健康でありがたいことだと
身に染みて感謝した

[PR]

by captain_spoc | 2010-12-29 23:58 | 野鳥


<< 今年もお世話になりました      ミコアイサ >>