2011年 02月 02日

歯ブラシの故障




ある朝突然に音波歯ブラシが動かなくなった
電池がヘタッタのなら駆動力が弱くなるとか
使用時間が短くなると言うことで判る
しかし突然にうんともすんとも言わなくなった

早速分解して原因を調べてみる
以前も洗濯機の故障を部品交換で直したことがある
ところが歯ブラシの底のふたは開くがそれ以上分解が出来ない
そこで充電器が悪い可能性も有るので
充電器と本体を近くのサービスセンターへ持って行った

数日して修理が出来たと連絡があった
駆動ブロックと蓄電池も換えたとの事
持ち帰って調べてみると
不良部品の箱の中から
取り替えた部品が出てきたが
見ると外装を残して中身をごっそり換えているではないか

前にも書いたがこのごろの修理とは
部品を換えると言うより
ブロック毎換えてしまうのだ
短時間ですむし人件費が安くなる
伝票を見ると修理担当者の名前が女性だ

技術的に判らなくても
修理依頼が来たらブロック毎換えるように教育されているのであろう
これで新品より安く
中身は新品と同じすべてニューになったのである

[PR]

by captain_spoc | 2011-02-02 23:40 | D.I.Y


<< 不夜城おおさか      都市型公園の鳥達 >>