スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 13日

花見に万博へ

e0022047_22371073.jpg

e0022047_2394276.jpg

気候も良く暖かな日に万博へお花見
ウィークデーにもかかわらず沢山の人と車
写真を撮りに行ったのやら花見で一杯が目的か・・・
友人4人で賑やかに過ごす

この会場で黄金の顔展が開かれていた
岡本太郎生誕100年を記念して
万博当時の資料を展示
太陽の塔の付け替え前の当時の黄金の顔実物も展示
懐かしく当時を思い出しながら見ることが出来ました





鉄鋼館の内部
40年前の展示館そのままを完全保存
今でも当時の展示が出来そうなほど完璧にメンテされていたのには驚いた
まるで古代の地下遺跡が蘇えったようなインパクトでした






当時の黄金の顔を保存していた
今は付け替えられたものですがここに写っているのは
万博当時の太陽の塔の顔
その大きさには驚きです






懐かしい万博のロゴマークです






お祭り広場のジオラマ
ここで各国のイベントが連日行われた
開会式の国旗の入場は今でも鮮明に頭に残っている




[PR]

by captain_spoc | 2011-04-13 23:00 | 日常 | Comments(6)
Commented by kaznoda at 2011-04-14 14:52
鉄鋼館の写真・・・綺麗ですね
私の想像では自身の目で見たよりこの写真の方が美的に(艦長さん的にはアートに)表現されているのと違いますか
万博近くに住んでいると太陽の塔は見慣れた物になっていましたが
岡本太郎氏は凄い芸術家だったんですね
40年間、万博会場跡の色々な変化にあってもあの塔だけはリンとして
立ち、愛されてますものね
現物の黄金のマスクに対面されて良かったですね
塔の先っぽのマスクがあんなに大きいんだ~
いつも下から見上げるか遠目に見る、それも無意識でしたし
いつもあの場所に存在しているのが当たり前!に思っていた近所の住人でした
Commented by taropapa43 at 2011-04-14 21:27
近くに良い物がありますねえ
Commented by jh3rdg at 2011-04-14 21:55
いつも横にいて「彼が撮っている じゃあボクも・・」
でもこうはいかないのですよねえ
師匠の写真もそうですがれりさんの感性にも 感嘆することが
多いです 左脳と右脳の違いで諦めろと自分に言い聞かせて
いるんですが・・・でもねえ・・・何とかしたいんですがねえ・・・
Commented by captain_spoc at 2011-04-15 00:12
☆kaznodaさんこんばんは^^
鉄鋼館に万博後初めて入りましたがそのまま保存されているのを知って
本当に驚きました
岡本太郎の太陽の塔・・・当時はけったいなモンと思っていましたが
今となると本当に大阪の風景になじんで素晴らしいです
黄金の顔はあんなに大きいとは思いませんでした
タイムカプセルと一緒に永久保存ですね^^
Commented by captain_spoc at 2011-04-15 00:14
☆taropapa43さんこんばんは^^
近くにこの記念公園があるおかげで
花見に来たり鳥を撮りに来たり色々遊べて
みんなで屋外飲み会をやったりと本当に便利な遊び場所ですよ
Commented by captain_spoc at 2011-04-15 00:16
☆jh3rdgさんこんばんは^^
左脳も右脳も関係おまへん
誰にも良いものがあります
それを見つけられないだけです
それは経験が要ります
そのうちにヒットしますよ・・・ダイドウブ
名前
URL
削除用パスワード


<< セレモニー・フォトグラファー      桜満開 >>