2011年 04月 21日

雨に煙る古城

e0022047_21523791.jpg

e0022047_21525775.jpg

e0022047_2153254.jpg


朝霧の中に浮かぶ竹田城
そんなイメージを抱いて訪ねても何時もお茶を挽く
この日は通り道なので寄ってみようかと車の中で思案
天気は下り坂で猛烈な雨降り
駐車場に着いて見ると他に車は無し

こんな雨降りで夕方遅くでは当たり前か
こんな物好きもいないのだろう
息を切らせて城址へ上ってみる
雨は小降りになり霧が立ち込めていた

この地にいるのは私一人
次々と霧が湧いては立ち込めてくる
もう無我夢中でシャッターを切る
そこには感動的なシーンが次々と現れる
それを全部私が独り占めなのだ

ところが写真で見るともう一つ二つ
霧が濃すぎると真っ白でなんだか良くわからん
薄い霧だと木々や城壁は綺麗に写るが霧が出ているとは解からない
そこんとこの兼ね合いが上手く行かない
(先日もこの言葉を使ったなあ・・・)
写真とは本当に難しいものだ

ほんでもって選んだのがこの3点
霧が掛かっていてそれでいてしっかり見える部分もある
そんな3点を選んでみた
雰囲気が伝わるかなあ
現場にいるともう感動の連続だったのに
我が腕の拙さが歯がゆい

[PR]

by captain_spoc | 2011-04-21 22:56 | 竹田城special | Comments(10)
Commented by Taka at 2011-04-21 23:56 x
良い雰囲気ですねぇ
古城に煙る霧
自然を相手にしているだけに、写真は難しいですね。

Commented by kaznoda at 2011-04-22 00:24
こんな写真、大好きです~
  小雨で霧の立ち込めた城跡から眺める感動・・・
想像するだけですが少しは判るような気がします
伝わってますよ
それで(我が腕の拙さが歯がゆい)なんて云わないでください
充分に写真って素晴らしい!と思いました
Commented by shkphappy at 2011-04-22 11:27 x
またまた竹田城までおいでになったのですね
寒くはなかったですか
不思議な魅力を湛えた場所ですね
先人の知恵と努力があってできたえも言えぬ存在感を
そぼ降る雨を耐えながら最新のマシンと腕と心意気で
撮っていただき居ながらにして日本の良さを再認識しています

お疲れ様でした

Commented by taropapa43 at 2011-04-22 12:25
雰囲気出てるねえ
名人の域に近づきました?
Commented by captain_spoc at 2011-04-22 23:22
☆Takaさんこんばんは^^
風景写真は自然の条件が大きく作用しますので
希望の条件に出会うことはとてもラッキーなことです
霧が出たことは私にとってラッキーでしたが
それを物にする腕がないとせっかくのチャンスも物に出来ませんね
Commented by captain_spoc at 2011-04-22 23:26
☆kaznodaさんこんばんは^^
現場にいるとそれは感動のシーンの連続でした
でも帰ってみて現像をしてみるとなかなかこれはと言うショットに出会えません
このブログのテーマも・・・喜び、哀しみ、驚き、感動を貴方に伝えたい
なんて大きいことを言っていますがなかなか難しいことと思い知らされました
Commented by captain_spoc at 2011-04-22 23:31
☆shkphappyさんこんばんは^^
この山城の城跡に立ってみると昔の武士が此処で生きていたという
感覚にとらわれました
瓦のかけら等があって当時のまま現代まで残された城址は
当時の武士の思いが今も残されているように思います
城址には松と桜がやはり似合いますね
Commented by captain_spoc at 2011-04-22 23:34
☆taropapa43さんこんばんは^^
雰囲気ありますか・・・・?
名人なんてトンでもハップン歩いて5分
現場のあの感動の一部も表現できませんでした
Commented by jh3rdg at 2011-04-23 17:26
ネットでここの景色に慣れてしまったせいか どうしても2枚目に
目がいきます・・・3枚ともステキですね ガスってる写真でここで
桜を見たのは初めてです 以前9月~11月って聞きました
年中いけるのとちがいまっか?
Commented by captain_spoc at 2011-04-23 22:52
☆jh3rdgさんこんばんは^^
沢山の写真での天空の竹田城は朝霧ですので季節は冬が多いですよね
だから霧で桜とのコラボは少ないはずです
古城には松と桜が似合います
でも朝霧のように朝日が当たっていないのが物足りないです


<< 庭の花      ロードレース(そのⅡ) >>