スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 13日

里山は夏

ヒメウラナミジャノメ
e0022047_22492690.jpg


何時もの昆虫狙いで宝塚の西谷へ行った
ここは森と田んぼの間の里山と言えそうな場所
生物の多様性がありいろいろな昆虫にあえる

今日は沢山の蝶に会った
トンボも蝶も春先からだんだんと変化してきている
蝶で言えば最初は越冬成虫のテングチョウやルリタテハが春一番に飛び出す
次にベニシジミをはじめシジミ類が幅を利かす
今はシジミはほとんど見られずに蛇の目やのタテハが飛び回っている

トンボも今ではあれほど居たオオカワトンボなどの糸トンボが見えない
今では麦わら、シオカラ、ハラビロが多い
そのうちにアカネ類が飛び出す
夏になればセミもうるさく鳴きだす

訪れる人も少なく自然がそのまま残されており
宝塚市も案内板やベンチなどの最低限の設備だけして
自然をそのままに市民に提供しているようだ
これからも私の昆虫や鳥の撮影ポイントとして
お世話になるはずだ





クロヒカゲ
e0022047_225135100.jpg



サトキマダラヒカゲ
e0022047_2252228.jpg



イチモンジ
e0022047_2345178.jpg

[PR]

by captain_spoc | 2011-06-13 23:58 | 昆虫 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ホヮイトバランスについて      今日のベランダ >>