スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 15日

ホヮイトバランスについて

e0022047_23301211.jpg


先日アップしましたカワラナデシコ
どんどん咲いてきました
今日の咲き具合を撮影する時に
ひょっとWB(ホヮイトバランス)のことが気になって
今日の天気の曇りとautoの両方を撮って見た




ホヮイトバランスの比較
e0022047_23484419.jpg


上の写真はわかりやすいように二つ合わせて張り合わせてみた
色味が僅かに違うのがわかっていただけるだろうか
左半分がautoで撮影
右半分がWB曇りで撮影

先日も書きましたがデジカメの時代になり
WBが自由に換えられる
それもワンショットごとに換える事が出来る
これはデジタルの画期的変革の一つです
それに加えてWBにautoが出来た
どんなシーンでもWBを気にすることなく撮影が出来る

autoはとても良い機能ですが
その発色はカメラメーカーの技術屋さんが決めたこと
当然実物と比べて同じような色味を求めて出来たことであろうが
微妙に発色の違いがあり
デジカメ初心者以外はなるべくWBはこまめに換えたい

今回の比較でも実物の色と比べると
曇りのWBのショットが実物に近いようだ
曇りのWBは彩度を上げるようになっている
パソコンのディスプレーのバランスは狂いがあるかもしれないが
トップの写真は曇りのものを採用した

私も鳥を撮りに行く時はautoを良く使う
鳥の場合は木陰であったり日が当たったりと
めまぐるしく状況が変わるので
いちいちWBを換えるのが追いつかずautoのままで撮影する

しかし風景や花などじっくり撮影できる時間があるなら
WBも換えてカメラ裏のディスプレーで確認しながら
撮ることをお勧めいたします
私のブログの入選作品集の中の「漁り火」は
WBをタングステンに換えたことによる成功例ではないかと思っている

[PR]

by captain_spoc | 2011-06-15 23:58 | レタッチ | Comments(2)
Commented by shkphappy at 2011-06-16 07:10 x
WB ネー 考えておきます…???
それにしてもカワラナデシコ可憐で美しいですね
少女の頃はこのカワラナデシコと水引、椿を求めて
結構一人で野山?に分け入っていました
Commented by captain_spoc at 2011-06-17 00:02
☆shkphappyさんこんばんは^^
WB・・・・これはあまり気にせずに写真を撮ることを楽しまれたらいいと思います
こんな僅かな変化はデジタル一眼の方やコンテスト志向の方に考えて頂けたらとの思いで書きました^^ゞ
カワラナデシコは今年初めて我が家で育てたのですが
綺麗な色と可憐な姿にヤマトナデシコと言う呼び方が
納得できる思いでした
名前
URL
削除用パスワード


<< ヒョウモン      里山は夏 >>