2011年 07月 27日

兵庫医大



今朝も兵庫医大整形外科に行った
今日はカミサンの手術のための予備検査の結果を聞きに入った
高血圧と糖尿病の気配があるので
手術に耐えられるかの検査でしたが
内科からの所見では手術に支障無しとの事でした

手術までにもう一回検査を受けなければならない
それは麻酔科の検査だ
手術のために使用する麻酔に対しての適応を調べるそうだ
麻酔も間違えれば大変なことになるので
念には念を入れてとの先生のお話

それもそうだと納得の説明
しかしカミサンの脚は日増しに痛みが大きくなり
早く切除したいと訴える
しかし先生はこの分野での名医らしいので
手術予定日が2ヶ月も先になった

じっと待つしかないのだろう

[PR]

by captain_spoc | 2011-07-27 00:09 | 日常 | Comments(4)
Commented by taropapa43 at 2011-07-27 09:37
兵庫医大懐かしいですねえ
10年以上前になりますが仕事で何度か通いました
阪神武庫川駅で下車し徒歩で行きました
阪神電車は小学生の時に高校野球に連れて行ってもらってからの乗車でしょうね
ところで鎮痛剤では治まらないのでしょうね
私も手術まで1カ月ちょっと待ちました
お大事に・・・・
Commented by captain_spoc at 2011-07-27 14:36
☆taropapa43さんこんにちは^^
三共時代の顧客だったのですか?
兎に角大きな施設ですね
従業員は1000人以上じゃないでしょうか
今回のことで初めて足を踏み入れました
Commented by kaznoda at 2011-07-27 23:11
この暑い時期に痛みに耐えておられる奥様はお気の毒です
家事はしてあげる、気晴らしも考えてあげる・・
この最、出来るだけの協力、愛の力を差し上げてください
こんな時の2ヶ月は長いですね・・・でも名医なら待ちましょう
Commented by captain_spoc at 2011-07-27 23:50
☆kaznodaさんこんばんは^^
食材の買い物、洗濯干しと取り込み、朝昼の食事を作ってあげる
まあできる限りはやっています
夕食だけはカミサンが作ってくれます
愛の力・・・なんてどこかに忘れてきましたが^^;
精精がんばりマスダオカダ


<< コシアキトンボ      生命の誕生 >>