2011年 08月 17日

大鳴門橋2011(望遠編)画像処理

昨日の2枚目は大変面白い発色で一番のお気に入り
なぜこのような色になったのかは不明
再現できないようでは困るので画像処理の顛末を記録しておこう
昨日これは何の画像処理もしていないと書いたが
色をいじることはしていない

だがトリミングや露出補正などは最低の作業は
レタッチには入らないと言うのが審査の先生の見解



e0022047_23411890.jpg


これが原画である
露出補正-0.7
WB太陽光
絞りf9.0
シャッタースピード1.3sec



陽が落ちてあたりが暗くなり
露出補正がマイナスで
なんとなく暗くて眠たい画像である
そこで露出補正を元に戻して
コントラストを調整した画像です




小さい画像ではわからないが
かなりノイズが乗っているので
白い選択範囲を拡大して見て頂く





ノイズ除去ソフトをかけて完成となる
左が除去前で右が除去作業後である

要するに露出補正を戻して
コントラストを調整すれば
このような色になったのである

[PR]

by captain_spoc | 2011-08-17 00:19 | レタッチ | Comments(0)


<< 大鳴門橋2011(広角編)      大鳴門橋2011(望遠編) >>