スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 29日

驚きの朝



毎朝食事を摂りながら新聞に目を通す
タイガースが勝った日にゃあ
普通紙とスポーツ紙を隅から隅まで穴が開くほど読みつくす

ところが今朝は普通紙のスポーツ欄を開けた時
「ホーッ」と声が出るほど驚いた
トップの写真が掲載されていた
100mのボルトの写真だ
・・・が何時もの写真とは大きく違っていた

なんと流し撮りのぶれ写真が載っている
報道写真の常識を破る写真だ
競馬でも野球でも陸上でもサッカーでも・・・・
高速シャッターで止めて写されているのがほとんどだ
こんなアートな写真を新聞紙上で見るなんて初めてだ

提供はロイターとあるので
日本のメディアがロイターからこの写真を買ったのであろう
それはおそらくフリーのカメラマンがロイターに持ち込んで売ったものだろう
しかし報道関係の写真部が
良くぞこんなアートな写真を取り上げたものだ

さすがにプロの写真だけあって
ボルトと解かるように写している
背景や同伴競技者は流れて良く解からない
走者の足も流れてはいるが走っているとわかる程度にぶれている
絶妙のシャッター速度の選択だ

私も競馬の写真で入選したが
撮影時にはやはり報道写真は意識した
毎日のように新聞紙上に走っている競走馬の写真が掲載されている
だから同じように写したのでは何の新鮮味もない
そこで1/20sec以下の超スローシャッターで撮影した

こんな写真は絶対新聞紙上には載らない
報道と言うよりアートな写真と言うべきか
スローシャッターで撮影するとどんな作品が上がるのか
予想不可能だ
そんなことでは報道カメラマンはオマンマ食えない
ボツの山では上司から怒られる

報道カメラマンではなくて
スポーツ専門のプロカメラマンがいる
スキー誌やサッカー紙などの専門雑誌に投稿する専門カメラマンだ
トップの写真を撮ったのは報道関係ではなくて
陸上専門のプロカメラマンではないかと推察される

今朝は朝食の時間がこの写真のおかげで
何時もより長く掛かってしまった

[PR]

by captain_spoc | 2011-08-29 01:27 | 日常 | Comments(0)


<< スポック艦長について      シグレ物語 >>