2011年 09月 28日

想いは通じる(竹田城址その2)

雲海の渚で
e0022047_2224433.jpg



e0022047_223642.jpg


白い海
e0022047_2233541.jpg


白いヴェール
e0022047_224632.jpg


秋を告げる天空の城
e0022047_224288.jpg


竹田城址の続編

トップは雲海の波打ち際のように
直ぐそこまで霧が昇ってくる
このベンチから竹田の町を見下ろす事が出来るが
今日はあたかも海岸に据えられたベンチの趣である

2枚目は駐車場から本丸へ昇る道
これが物凄い勾配で息が切れました
霧がかかって杉木立が幻想的でした

3枚目は反対の北のほうを眺めたショットですが
まるで防波堤から白い海越しに眺めると
島が浮かんでいる・・・そんな雰囲気でした

4枚目の白いヴェール
霧が濃い時は
向かいの山も見えないくらい
深い霧に包まれます

最後に当日の夕刊に載った
上空からの写真をスキャンしました
私は丸の位置から
①の線の方向に昨日のトップの写真を撮りました
この写真はハイキー仕上げといって
霧を強調するために白っぽく仕上げています
なかなか粋な事をしています

上空から見るとまさに雲の海に浮かぶ
天空の城と言った感じです
新聞の見出しにも
「秋を告げる天空の城」とありました

写真では表現できないほど
実際の雲海は感動的でした
写真を趣味としていなければ
こんな早朝にここまでは来る事は無かったでしょう

本当に冥土の土産が一つ増えたような
とても素晴らしい光景に出合えました
写真を撮ることも忘れてしまいそうな
刻々と変化する霧に素敵な時間を過ごし
貴重な経験をいたしました

[PR]

by captain_spoc | 2011-09-28 23:36 | 竹田城special | Comments(10)
Commented by jh3rdg at 2011-09-29 07:32
どれも素晴らしいです!!
半袖で行けたのですか?
以前行った時ははH22年1月零下の寒さでした
Commented by kaznoda at 2011-09-29 21:18
艦長さんの感動!何分の一かは分けてもらいました・・
素晴らしい!凄い!ですね
自然界はアンテナを張って、目を耳を覚ましているとこんな美しさを見せてくれることがあるのですね
忘れることの出来ない感動の瞬間に立ち会えて・・良かったです
こんな画像を残せることもカメラマン冥利?って云うんでしょうか
Commented by captain_spoc at 2011-09-29 22:50
☆jh3rdgさん有難う御座います^^
朝冷え込んでの昼との気温差が大きい時に霧が発生いたします
そこで長袖Tシャツとジャケットを持って行きましたが
本丸に上がる坂で汗びっしょりになり
上ではTシャツの袖をロールアップしておりました
とても暖かい日でした
Commented by captain_spoc at 2011-09-29 22:52
☆kaznodaさんこんばんは^^
自然が織り成す絶景を見る事ができてとても幸せです
自然の事ですから何時でもそこへ行けば見られることでは有りませんので
とても貴重な体験をいたしました
本当にカメラを趣味としていて良かったと思いました
Commented by kyoko1034 at 2011-09-30 06:55
うぁ~~~
ため息が出ます。

1枚目、細身で長身のスポック艦長を撮りたいです(*^_^*)
Commented by captain_spoc at 2011-10-01 00:10
☆kyoko1034さんこんばんは^^
あのベンチが目印ですよ^^
確か右上の木は桜だったと思います
以前の時と全然雰囲気が違っています
私を撮って頂いても画にはなりませんよ(汗
Commented by shkphappy at 2011-10-01 06:19 x
無断でパソコンの待ちうけ画面に使わさせて
いただいています 目ざとくパパさん 「そこどこ」と
感心しきり 艦長殿の長年の精進に感謝して
ご努力の凝縮した珠玉の一滴を拝見しています 感謝!
Commented by captain_spoc at 2011-10-01 23:41
☆shkphappyさんこんばんは^^
どうぞご自由にお使いください
絶景の観光地とは違い気象条件で雰囲気が一変する
まさに運との勝負です
Commented by Taka at 2012-08-27 22:50 x
相変わらず素晴らしいの一言です。
この頃、こういう壮大な写真を撮る機会から遠ざかっております。
行ってみたいですねぇ・・・
Commented by captain_spoc at 2012-08-28 00:18
☆Takaさんこんばんは^^
一年前の記事を掘り起こしていただいてありがとうございます
大自然が織り成す一大スペクタクルは
見る者を魅了してしまいます
写真ではなく実物はもっと凄いの一言でした


<< 第62回茨木市美術展入選      想いは通じる(竹田城址その1) >>