2011年 12月 05日

GALAPAGOS

e0022047_2349440.jpg

e0022047_2349213.jpg


GALAPAGOSのモニター依頼が来た
タブレットには少なからず興味があったので
受けて見る事にした

GALAPAGOSは電子書籍の閲覧装置として開発されたはず
日本の端末機器は世界標準から遅れてしまって
お財布携帯など日本独自の進化を遂げて
世界に進出できないようになってしまった
それで日本の携帯端末をGALAPAGOSと揶揄されるようになった

今回シャープがその呼ばれ方を逆手にとって
GALAPAGOSとネーミングして
電子書籍閲覧端末として発売した

しかし売れ行きは今ひとつのようで
今回Eモバイルとタイアップして
EMのPocket WiFi(ポケファイ)とセットで
iPadに対抗するインターネット端末として売り出した

その大きさはIPadよりはるかに小さく
重量も389gとiPadの約半分
ポケファイの通信速度が42Mbps(モニター機種は21Mbps)と
サクサク動くし処理のCPUもデュアルコア採用で
光通信のパソコンと遜色ない

このGALAPAGOSとポケファイとセットで契約すれば
インターネットを通信回線の工事の必要がなく
家のどの部屋でも持ち運び出来るし
外出のときもiPadの様にかさばらず
手のひらサイズでどこでもインターーネット
メールが使用できると言う優れもので有る

トップのショット左からSoftbankの3Gの携帯(通話専用)
ソニエリのスマートホン(ネット専用)
上にGALAPAGOS(モニター機)
その下に大きさ比較のコンパクトフラッシュ
右がポケファイ21Mbps(モニター機)である

先日もバレーボールワールドカップで
日本女子が健闘いたしました
その女子チームの真鍋監督がこのタブレットを持って
WiFiで通信しているのだろうが
選手達にフォーメーションの指示を出していた
とても格好よかった

近い将来このタブレット型は
キット大いに普及するだろう




[PR]

by captain_spoc | 2011-12-05 00:47 | others(機材) | Comments(0)


<< 西梅田地下街      忘年会 >>