スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 13日

左手フェチの男

e0022047_0545092.jpg

e0022047_0551780.jpg

e0022047_11485210.jpg


先週の土曜日に同窓生の有志で飲み会をやりました
会場はこの会はいつもここと決めた場所
前立腺手術以降医者から肉を止められた男がいるので
ここのてっちりフルコースにいたしました

個室を準備してくれるし
価格もリーズナブル
各ターミナルから近いし
何より坂本冬美と藤あやこを足して2で割ったような美人の仲居さん
幹事をやっている特権でいつもここに決めています^^

写真に写っている友人は
仲間から「左手フェチの男」と言われています
このように乾杯~い!と言って自分も参加する写真を右手で撮りますので
自分の左手が写ります
別れの写真で自分の左手でバイバイとしたのを右手で写す
いつも自分の手は左手が写ります
だから彼は「左手フェチの男」と呼ばれます

写団エンタープライズの仲間で料理写真の上手い人がいます
彼はそれに対抗して料理の写真も必死で写します
でもたいていは食べることに一生懸命で
食べた後で気がついて食べかけの写真を写しています

でも考えてみたらカメラって右利き用に作られているのですね
微妙なタッチのシャッターボタンは右側にあります
露出補正、iso、WBなどよく使用するボタンは
すべて右指で操作するように作られています
包丁、鋏などは繊細なタッチが要求されますが
すべて右利き用です

左利きのカミサン若いときは裁ち物やっていましたので
左用の鋏を高い金出して買っていました
少数派の左利きは少数民族と一緒で差別を受けているような・・・
それは考えすぎか^^;

[PR]

by captain_spoc | 2012-02-13 00:52 | 日常 | Comments(2)
Commented at 2012-02-14 10:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by captain_spoc at 2012-02-15 00:50
はい了解です^^
そちらへ書き込みます


<< バレンタインデイ      コハクチョウを追いかけて >>