スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 24日

嵐のようなベタ凪の一日

先日のヨットレースの日には
知人のキャプテンのお世話で本部艇に乗れると言う幸運に恵まれ
喜び勇んで出かけましたが
とんでもない事件に巻き込まれました
その顛末記です
e0022047_21515868.jpg


これが計時審判の乗る本部艇です
これに乗ってすぐ帆走中のヨットを間近で撮影できます
スタート時間も迫ってきて出発しようと
エンジンキーを廻しましたがグスンと言ってエンジンがかかりません
何回も試みましたがエンジンが回らない為に
大型バッテリーのスターターを本部から持ってきて
外部電力でエンジンを廻しました
これがケチの付き初めでした



e0022047_2156411.jpg

そしてエンジンが回りましたのでエンストしないように
桟橋から出航いたしました
サーいよいよです



e0022047_21592340.jpg

レース周回コースの目印のブイも膨らませて
アンカーを結んでレースのコースへ一目散




e0022047_2221097.jpg

目標ポイントに到着して1番目のブイを投下



e0022047_2241767.jpg

2番目の折り返し地点にブイを投下のためにスタートしたとたん
ブイとアンカーを繋いでいるロープが
スクリューに巻きつくと言うアクシデント
係りの人がパンツ一チョになり飛び込みましたが
冷たいのと水中ゴーグルが無いので無理と判断



e0022047_227145.jpg

すぐに本部に携帯をかけてレスキューを要請
写真のごとくヨットハーバーまで曳航
ヨットハーバーで水面から本部艇を揚陸して
絡んだロープを解いて再び沖合いへ

レースはどんどん進行しているので
ブイの投下をあきらめて皆さん港湾の常設ブイを周回するコースに変更
写真撮影のために走行のヨットのそばを走っているときに
今度はガス欠でエンジン停止
空気を吸い込んでいたら再起動が難しいと
クルーの顔色が曇る

ガソリンを継ぎ足してスターターを廻してもエンジンがかからない
空気抜きのためのエンジンルームへもぐりこむ為に
全員で力を合わせてエンジンルームのカバーの取り外しにかかる
私はカメラを首から提げての力仕事なので
ん十万のカメラがゴツンゴツンとぶつかって気が気ではない
2度3度トライして見事エンジン再起動




e0022047_22132266.jpg

レースは終盤にかかっていたので
ゴール地点に先回り
ヨットハーバーの沖の一文字に上陸してゴールを待つ



e0022047_2218792.jpg

この赤い標識の間がフィニッシュ・ライン
次々と各艇がゴールして無事レースは終了
天候は霧の深い最悪の日でしたが
海面はベタ凪の一日
だが本部艇は嵐のような波乱万丈の一日でした

[PR]

by captain_spoc | 2012-03-24 00:52 | 日常 | Comments(4)
Commented by shkphappy at 2012-03-24 06:19 x
ワー凄すぎ 私も中古のブルーバードのエンジンがかからなくなって
映画のようにフロントカバーを開けてコンコンどこやらを叩いて 発進したら家に帰りつくまではエンジンを切らない主義で過ごしたことがありますが…肝心要の本部艇では ぱんつ一丁で冷たい海にドボンの関係者がおありになっても不思議ではないですね 貴重な「商売道具」が無事でよかったです 全員力を併せて難関突破  お疲れ様!でした!!
Commented by kaznoda at 2012-03-24 22:40
凄い報道写真ですね!
ヨットのこともエンジンのこともわかりませんが
海の上で大事にならなくて良かったです!
想定外の一日でしたでしょう、でもしっかり報道してる根性は又素晴らしいです
Commented by captain_spoc at 2012-03-25 01:22
☆shkphappyさんこんばんは^^
色んなことが次から次へと起こってしまって
ガス欠でエンジンがかからない時は又レスキューを呼ぶのではと覚悟しましたよ
それにしても急いで裸になり飛び込んだ係りの人の責任感には
驚かされました
まあとても貴重な経験をいたしましたよ
Commented by captain_spoc at 2012-03-25 01:26
☆kaznodaさんこんばんは^^
色々トラブルに見舞われたときにははらはらしましたが
これは貴重なブログネタではないかと気がつき一部始終を
撮影しておきました
最近は作品撮影だけではなくブログネタも鵜の目鷹の目で探している
自分が居るのが自分で笑ってしまいますウ


<< タッキング      なんと・・・ >>