2012年 09月 20日

浮遊する多面体

e0022047_22471647.jpg

デジカメを買ったときは鳥を撮りたかった
高校の同級生が若いときから鳥に興味を持ち
猛禽類を捜し歩いて撮影していた
それは半端な探し方ではない
海外にも行き迷彩テントで何日も粘ったり
日本では鷹の渡りになると別荘に篭っての長期の撮影となる

そんな友人の影響で私も鳥に興味を持ち
ダブルズームキットを買って長いズームで鳥を撮影しだした
鳥を撮影すると昆虫にも興味が出てきた
だからネイチャー志向と思っていたが
他の人のいい作品を目の当たりにすると
そんなジャンルも撮ってみたいと言う欲望が湧いてくる

たとえば飛行機、鉄道、花、人物スナップ・・・・
その中の一つのジャンルに街撮り(自分で勝手に命名したので正しいかどうか・・・)
街の一角を切り取って表現する
今回もそんなジャンルの作品

オールラウンドと言えば聞こえはいいが何でも食いつくダボハゼだ
鳥見の仲間はホンマの鳥好きの写真とは一寸趣が違うと言われる
そりゃあそうだろう流してぶらしたり逆光で撮影したり
所謂鳥の特徴を記録したバーダーが撮った写真とは違うようだ
記録写真とアート写真の違いなのだろうか

e0022047_23252195.jpg

街撮りはネイチャーの真逆で
人工の構造物の美を捉えようとするもの
上に最近の街撮りの中から4点ほど選んでみた
こんなジャンルは好きなんですけど生憎私には才能がない
ブロ友の中には惚れ惚れするような街撮りをアップしている
でも我は我・・・わが道を行く

そこんとこがアマチュアの気楽なところ
好きなものを好きなように撮っていく
これもフォトグラファーの楽しみの一つ
今回のトップの写真はは大阪科学館の1階のフロアに
だまし絵風に掛かれたものを階上から撮影した
何となく立体的に見えないだろうか
そこんとこがおもろくて撮影いたしました
好きな作品の一つです
TG-620にて撮影

[PR]

by captain_spoc | 2012-09-20 00:05 | 街撮り | Comments(4)
Commented by 富予算 at 2012-09-20 21:01 x
ええつ!浮遊体、信じましたσ(^_^;) ダボハゼ、、、働いていた時に課長が、つけた事務用品屋さんのあだ名。思わずお思い出しました。艦長の文もすばらしいです\(^o^)/
Commented by jh3rdg at 2012-09-20 22:06
これが床に描かれた絵だなんて誰が信じましょうか
これもアートのごく一部の表現の仕方だと思うのですが
そもそも芸術・美術(音楽を含め)というものは
難しく理論をこね回す物でなく 誰もが一様に 心から
感動出来る物 理解し易いものであってほしいと思いますねえ
これは楽しい!!!
Commented by captain_spoc at 2012-09-21 00:54
☆富予算こんばんは^^
自分がその場に立ったときには絵が描いてあるなあ位だったんですけど
写真に撮って見て初めて不思議な絵であることがわかりました

文も素晴らしいと言う褒め言葉は大変に嬉しいです
写真を褒められるより嬉しいのは何故^^
Commented by captain_spoc at 2012-09-21 00:58
☆jh3rdgさんこんばんは^^
このだまし絵もアートですよね
これは上から見てもらうために描かれた絵のようです
その絵の上に立ったときは何のこっちゃウーロン茶で気づきませんでした
上から覗いて写真に撮ってその不思議さが判りました


<< TG-620でのマクロ撮影      小さい秋 >>