スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 19日

鳥の撮り方忘れてもうた(その2)

e0022047_22105996.jpg

e0022047_22112634.jpg

e0022047_22115174.jpg

e0022047_22122217.jpg

e0022047_2212497.jpg

上からシジュウカラ
エナガ
コゲラ(キツツキ)
バン
オオバン

このシジュウカラとエナガがちょこまかとよく動く
今までは簡単に撮影していたのに
今回は良くファインダーから見失う
慣れてくると普通に撮影できたが
最初のころはカメラが追いつかず焦った
やはり日ごろから撮り慣れていないとこんなことになる

この日は4枚目のバンの飛翔が特筆ものだ
飛翔は初めて撮影できたが
そもそもバンが飛んでいるなんてほとんど見たことがない
何時も水辺を歩いているか水に浮かんでいる
だから飛び出すとは思わなかった

カメラの設定も止まっている鳥を撮る設定にしていた
即ちAモードで絞り開放で高速シャッターが切れる準備をしておく
AFもS-AFで静止被写体に備えている
連写もしませんので単写に設定
これでバンが飛び出したので慌てて追いかけた

飛翔モードは概ねSモード
AFはC-AFで連写に対応してフォーカスが合うようにしている
当然連写にして待機する
今日のように静止モードから飛翔モードに換えるには
瞬時には行かない

そこで静止モードで単写で取り敢えず追いかけた
フォーカスがS-AFなので逐一シャッターを切っていった
何とか飛翔を捉えられたので
この日はこれが嬉しい収穫でした


*****福沢諭吉は学問のすすめ スポックは雑学のすすめ*****

このブログの読者の富予算から挑戦状が届いた
小鳥遊と言う人名を何と読む
悔しいが知りませんでした
wikipediaで調べるとタカナシという人名とのこと
小鳥が安心して遊んでいると言うことは
鷹が近くに居ないから「タカナシ」さんという判じ物めいた人名

人名ならば知っておくこことに越したことはないが
知っていてもなんの役に立たない知識もある
それを雑学と言い私は或る近くの整形病院の雑学王と自負している
その雑学の一つを披露しよう

法務大臣に新たに任命した・・・
と言うとき新たには当然「あらたに」と読む
新しく任命された法務大臣はの新しいは「あたらしい」と読む
なぜに新と言う字が「あらた」と「あたら」のように
「た」と「ら」が逆転するのだろうかご存知だろうか

これは国語学者が書いていたものを読んだのだが
ほんらい「あらた」が正しく
新しいは「あらたしい」と言っていたが
発音しぬくく「あたらしい」に自然発生的に変化していったとのこと
幼児が発音しぬくい言葉を良く間違って発音するが
理論はそれと同じで間違いでも皆が使えば正しいとなる

これは他人の知識を覚えたに過ぎないが
スポック艦長が提議した雑学の正解を知りたい

それは浅野内匠頭の辞世の句は名句なのか
大田道灌の山吹事件はホンマの話か

この二つは私が疑問に覚えた事柄で詳しくは此処をクリックして
当日の記事の後半にある天星人語(天の星の人・・宇宙人・・スポックのこと)
に詳しく書いているのでどなたか正解をお教え願いたい
これに悩み出して数年
夜もおちおち眠れませぬ・・・とはオーバーな

[PR]

by captain_spoc | 2012-11-19 23:14 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by yoshi at 2012-11-20 22:36 x
スポック艦長さん
こんばんは
小鳥?の撮影も難しいですね。
コンデジで、サッカーの撮影した時も追っかけるのが
出来ませんでした。

今まで、あまり動くものを被写体として来ませんでしたので、
これから挑戦しようと思います。

スポック艦長さんのブログを拝見していたら、したい事がいっぱい
出てきます。

いつもいい刺激を有難うございます。
Commented by captain_spoc at 2012-11-20 23:42
☆yoshiさんこんばんは^^
私のブログを見て刺激になるとのお言葉大変嬉しいです
私も腕の立つ人の写真を見て私もあんな風に撮りたいと意欲を駆り立てられました
動くものサッカーなどを写されたそうですが
動くものは一眼レフのほうがいいと思います
コンデジは後ろの液晶にデジタル処理をした画像を表示していますので
表示に処理時間がかかり若干遅れて表示されますので
動きに追いつきません
一眼レフは鏡で実際の被写体を見ていますので
追随が楽です
是非次は動き物は一眼レフで撮影してみてください


<< 近所の公園でも紅葉狩りはできる      近頃甘口の酒が多いとお嘆きの貴兄に >>