2012年 11月 22日

白と黒の世界は美しい

e0022047_2337397.jpg

これはいったい何の写真でしょう
実はエレベーターの天井なんです
新しいビルの新型のエレベーターでした
模様が斬新
これは平面のブラスチックボードなんです
いかにも膨らんでいるように見えます
これも騙し絵の一種です

面白いと思い写真に撮りましたが
これだけでは意味不明
そこで同行者の手を入れました
それでも迫力不足
そこに蜘蛛のシルエットを焼きこみました
絵を描くがごとく写真を仕上げました

カラーを画像処理でモノクロにしました
カラーをモノクロにすると本当のモノクロとはなりません
昔のフィルム時代のモノクロの写真をやった方ならわかると思います
コントラストが不足するのです
中間調のグレーの部分が甘いです

カメラの設定でモノクロを撮ったことはありませんが
画像処理でモノクロにします
そのときにコントラストを少々強めにします
それで昔のモノクロフィルムの感じが出ます
カメラの設定でモノクロを撮ったことがないというのは
ひょっとしてカラーのほうが良い場合があるときに
スケベ根性でどちらでも使えるように考えました

話は変わりますが本日はアクセスがものすごく多いです
普通の日の3倍以上あるのです
突然に増えると気味が悪いです
どこかの人気サイトにリンクされたのでしょうか?

何時ものようにtwitterとfacebookにはアップしています
何時ものように2~3くらいのイイネが着きました
普段と変わらない作業なんですけど・・・
2/3の方は初めてのご訪問と言えます
どちらからアクセスされたのでしょうか?
ブログトップの○○さんへのおすすめブログに取り上げられたのでしょか

まあアクセスが多いということは嬉しいことですので
皆さん良くいらっしてくださいました
又よろしければ覗いてください

[PR]

by captain_spoc | 2012-11-22 23:59 | 街撮り | Comments(2)
Commented by 富予算 at 2012-11-23 10:25 x
究極は白と黒、大賛成です。書道であり水墨画。個人的には前衛書道にずっとずっとあこがれてたのですが。今日のは、芸術そのものですね!艦長の隠れファンは多いですよ!
Commented by captain_spoc at 2012-11-24 00:24
☆富予算こんばんは^^
私の苦手なシュールな作風に近づいたでしょうか?
デジタルで自分で現像できる時代になり画像処理も表現方法の一つとして
身につけねばならないし又それも面白い世界なのです
アートと言われるのが嬉しいですね


<< 写真は仮想の世界を写します      イメージに近い完璧な写真が撮れた日 >>