2012年 11月 29日

本能で走る姿は美の極致

e0022047_2157169.jpg

鳥は飛び馬は走る姿こそ美しい
・・・とスポックは考えるわけです
鳥は渡りのために何千キロと飛び続けます
馬は本能的に相手に負けまいとして走ります
そこには格好構ってなんかいません
まさに本能です

その姿に人間は美を感じます
競馬の写真はスポーツ紙で沢山見ます
同じような写真だとプロに負けるのは当然
だから私は何時も一味違う写真をと心がけています
思い切りぶらしたり高速で止めたり
逆光に光る馬体を狙ったり
スポーツ紙の報道写真とは違う味を出したい

場所もスポーツ紙はゴール位置が多い
でもコーナーの混戦は見所あります
第4コーナーの必死の走りは見事です
ところがこの場所は縦長の走りになります
バラけて頭数が少なくなっています

このショットは第2コーナーです
まだ馬群の塊のまま通過します
その迫力は地響きとともに伝わってきます
騎手の叫び「イケッ」とか「どけッどけッ」とか聞こえてきます
馬も騎手も必死です
前日の雨のせいで馬場は荒れています

思ったよりも日没が早く
日の当たるシーンは撮れませんでした
もう一度チャレンジしてみます

[PR]

by captain_spoc | 2012-11-29 22:17 | スナップ | Comments(2)
Commented by alleysan at 2012-11-30 08:48
ものすごい地響き音が伝わってきます。2コーナーはまだ序の口。これから位置取りで凄さを増してきます。競馬はここらあたりが勝負ポイント。これで態勢がほぼ決まります。いい写真です。
Commented by captain_spoc at 2012-11-30 23:48
☆alleysanこんばんは^^
距離的に走路と近いので地響きが伝わってきます
此処で撮影しだして初めて騎手は騎乗中に声を出しているんだと知りました
観客席から遠いせいもあります
次回は光を使った美しい姿を狙ってみたいです


<< 「人馬一体」は乗って楽しい車      野鳥の中でも癒し系のエナガちゃ... >>