2012年 12月 15日

魚釣り公園に居た野鳥たち

e0022047_23314325.jpg

e0022047_2332942.jpg

e0022047_23322866.jpg

沢山の木々が切り倒された魚釣り公園
きっと野鳥たちも立ち寄ることが少なくなるのではないだろうか
それでなくても市内の公園は少ない
尼崎市は大阪市の隣の市だけに
住民も多く緑地なんか贅沢で
人間に役立つ施設に変わっていくと言うことだろう

それは野生の動物にとっては住みにくい場所を意味する
宝塚市や池田市、箕面市などは
六甲山系の山が近く自然も多い
尼崎市でそんなことを望むのは無理な話なんだ

写真トップはカンムリカイツブリ
2枚目はイソヒヨドリ
3枚目はハクセキレイ
自然や野鳥を撮影するには何処かへ出かけなければならないと言うこと
乾ききった都市には潤いが少ない
寂しいことだ

何回も写真展の案内をアップしています
よろしければ見に来てください
両日とも午後には会場に詰めるように考えております






e0022047_22101575.jpg

今年も恒例の年忘れ写真展を開きます
私も参加いたします
12月22日~23日です
このギャラリーは閉鎖されますので
多分この写真展は今年が最後になると思います

23日の12時からは参加者による打ち上げパーティがあります
そのときに主催者のうみひこさんからの依頼で
1時から私のミニライブを行います
30分ほどですけどよろしければ聞きに来てください
アコギとナマ歌でフォークやハワイアンを考えています

写真も歌もアマチュアの域でお恥ずかしいのですが
皆様と一緒に楽しみたいと思っています

[PR]

by captain_spoc | 2012-12-15 23:50 | 野鳥 | Comments(0)


<< 静かな古都の雰囲気には人力車が...      大阪ベイエリアは夕陽に燃える >>