スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 01日

惜別の時期が来ました

e0022047_042692.jpg

e0022047_0424032.jpg

e0022047_0435916.jpg

もう直ぐ冬鳥は渡りを始めます
日本に居るコハクチョウも北へ帰り始めました
最後のチャンスかと撮影に出かけました

3時頃現地について飛び立ちを待ちましたが
3時間待って6時を過ぎても飛び立ちません
ついに暗くなってピンが捕捉出来なくなり
仕方なく撤収いたしました

待つ間にオナガガモやコハクチョウの浮かんでいるのを
時間つぶしに撮影しておきました
1枚目はイメージして臨んだ低速シャッター流し撮り
同じようなシーンですが2枚目は高速シャッターです

[PR]

by captain_spoc | 2013-03-01 01:03 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by kisyusumaile at 2013-03-01 13:24 x
壮観ですね。
旅立ちの時なのですね。
季節の変化を感じ取れる遺伝子は
何なのでしょう?いつも不思議に思います。
自然の不思議をそのまま切り取ってください。
続編を楽しみにしています。
Commented by captain_spoc at 2013-03-02 00:50
☆kisyusumaileさんこんばんは^^
大自然の営みは悠久の年数を経て
何時までも変わりません
人類の歴史はそのほんの一部の短い期間なんです
写真を趣味としてネイチャーを相手にすると
人間なんかほんの小さい生き物だと言うことがわかります
その人間が行う破壊行動が多数の他の生き物を苦しめる結果になっているようです
何時までも人間と生き物が共生できる地球を後世に引き継がねばならないと思います
名前
URL
削除用パスワード


<< ミコアイサはパンダ鴨といわれています      皆で楽しくイタリアン・ランチ >>