2013年 03月 15日

来はったエ!ツバクロはんが来はりましたエ

e0022047_23154485.jpg
e0022047_2316860.jpg

本日3月15日ツバメを本年初見でした
今年は早いような気がしたのだが
例年何日か記録していないので不確かだ

冬鳥がどんどん北に渡りを始めています
交代するようにこのように夏鳥が日本へ渡ってきます
それと春は渡のために北へ行く途中に
日本に立ち寄って休息をとる鳥も居る
こんな鳥は直ぐさらに北へわたるので
期間的に短いし珍しい鳥に遭えるチャンスも増える

秋にも南へ渡る途中の鳥に会うことが出来る
何千年も昔からこの行動は途切れることが無い
其れに留鳥と言って一年中日本に留まる鳥も居る
渡りをする鴨でもカルガモは留鳥だ

そうそうヒヨドリも北海道に住んでいる個体は
冬は津軽海峡を渡って本州へ渡ってくる
これから子育ての季節なので
気温の適したところへ移動するのだ

TG620にて撮影
このカメラはボディーバッグに忍ばせられるので
珍しいシーンにあったら
今日のように直ぐ撮影できて便利である

[PR]

by captain_spoc | 2013-03-15 23:33 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by kisyusumaile at 2013-03-16 10:31 x
ツバメの一番鳥(撮り)、嬉しいです。
春を届けてくださり、ありがとうございました。
最近、街中でツバメを殆ど見ていません。
個体が減ったのでしょうか。適さない街になったのでしょうか。
昔、巣作りをするツバメを飽かずに眺め続けた頃を思い出しました。
変わらない良き日本でありたいですね。
Commented by captain_spoc at 2013-03-16 23:00
☆kisyusumaileさんこんばんは^^
毎年変わらずツバメは飛来してきます
でも個体数は激減しているようです
今巣作りに励んでいます
ツバメは人間にとても近い関係で
巣を軒下に作って天敵から身を守る知恵を持っています
だから人間の影響を強く受けますので
何時までもツバメが安心して繁殖できる日本を守りたいものです


<< 梅にメジロはウメジロウ      Lonely Chaplin >>