スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 08日

ダイサギの集団飛翔は珍しい

e0022047_23224438.jpg

e0022047_2323581.jpg

白い大型の鳥が集団で飛んできた
白鳥にしては季節がおかしい
足が長く鷺の種類だが詳しくは遠くてわからない
足が黒いので多分ダイサギだ

世間でよく言うシラサギという鳥は居ない
白い鷺の総称なのだ
良く見るのがダイサギ、チュウサギ、コサギだ
その他アマサギも季節によっては真っ白になる

ここで大きさで名前が変わるダイサギ、チュウサギ、コサギについて・・・
普通ダイ、チュウ、とくればショウと繋がる(大、中、小)
だが鷺の場合ダイサギ、チュウサギ、コサギとなる
これが不思議でよく判らない

鳩も総称で詳しくは
キジバト、アオバトなど数種類ほど居る
公園でよく見るカラフルな鳩は
家禽として人間が伝書鳩などに改良したものが
逃げ出して野生化した鳩だ
だからドバトと言うのだが本来の野鳥ではない

カラスも数種類くらい居て
黒いカラスをカラスと総称している
なかなか野鳥の世界も奥が深い

[PR]

by captain_spoc | 2013-04-08 23:49 | 野鳥 | Comments(0)


<< 春の花緊急蔵出し一挙大公開      桜花賞なら出かけてみるか >>