スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 12日

明と暗の狭間にはドラマがある

e0022047_23502218.jpg

高速道路のトンネルの出口付近です
暗い世界から明るい世界へ今まさに飛び込もうという瞬間
向こうの世界は光あふれる世界
こちらは暗い闇の世界
この狭間の世界は写真でも非常に効果的な構図だ

この写真のようにトンネルの向こうには光り輝く世界がある
同じ状況で言えば綺麗な庭が見える静かな寺の室内から庭を写す
庭は明るいので綺麗に木々が写っている
其れに比べて室内は暗いので黒く写る
黒い室内が額縁のようになって明るい庭が写っている
昔こんな構図をトンネル効果の写真と言っていた

たとえばこの写真
e0022047_0131318.jpg

これも明るいところと暗いところの中間地点
こちらは明るいほうに絞りをあわせているので
暗い部分は黒くなる
トンネルの写真はトンネル内部の暗い部分に露出が合っているので
明るい部分は白く飛んでしまう

写真は光と影の組み合わせ
それを有効に利用すると感動的な写真になる
その一枚の中に光と影が組み合わされれば
面白い写真になる可能性が大きい

[PR]

by captain_spoc | 2013-04-12 00:17 | スナップ | Comments(0)


<< ツバメの飛び出す瞬間を連写で写...      猪名川公園で出会った野鳥 >>