スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 19日

コチドリの営巣・抱卵を発見

e0022047_072968.jpg

e0022047_075032.jpg

コチドリの親鳥が営巣抱卵している
周りの小石と保護色になって見分けにくい
卵は見たことが無いのだがこれも石と良く似ているそうだ
かなりの距離があるので望遠でも捉まえにくい

時々人も通るし猫も来るだろう
こんな平地の砂利のところに巣を作って
大丈夫だろうかと思うが
毎年このような環境で営巣しているのだろう

近づきたくても驚かせてはいけないと思い
遠い距離からじっと観察している
雛が孵るのを見届けられればいいが
無事子育てできることを祈るしかない


[PR]

by captain_spoc | 2013-04-19 00:16 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by taropapa43 at 2013-04-19 08:11
私も検見川浜の海岸で狙ってますが
辛抱強く待たないとダメなので私には不向きです
Commented by captain_spoc at 2013-04-20 00:19
☆taropapaさんこんばんは^^
はい鳥を撮るには根気が要ります
さっと撮れる事もあるしじっと待つこともあります
待つのも楽しいものです
Commented by びすこってぃ at 2013-04-21 23:47 x
初めてお邪魔いたします。
本日コチドリを撮らせていただいた者です。
おかげでとても貴重な写真が撮れて感謝しております♪
手持ちのデジカメ撮影しかできないド素人ですが
こちらで色々勉強させていただこうと思います。
本日はありがとうございました♪
Commented by captain_spoc at 2013-04-23 01:06
☆びすこってぃさんこんばんは^^
ホンマニ来てくれたんですね
ありがとうございます^^
びすこってぃさんの写真も拝見に上がりました
鳥や花や大変素晴らしいです
こちらで勉強なんてお役に立てるかどうかわかりませんが
お気楽に覗いてください
Commented by akaiga-bera at 2013-04-23 09:35
おはようございます。
コチドリさんはもう営巣してるんですね。こちらも探しに行かなきゃと思いました。
それにしても初めてコチドリさんの卵を産んだ場所と卵を見た時はびっくりでした。
まるで小石のようで・・・上からみたら分からないのですもの・・・それでもヒナになると猛禽に狙われてしまいました。
昨年の観察では3羽のうち2羽がチョウゲンボウにさらわれてしまったんです。
見ていると悲しいことが・・。この夫妻の子供たち無事に育つといいですね。
Commented by captain_spoc at 2013-04-24 00:14
☆アカイガーベラさんこんばんは^^
はい偶然コチドリの抱卵を確認いたしました
遠くから見守っていますが上手く孵るといいと望んでいます
しかし猛禽類の餌や猫などに襲われるのは必定
でもそれは自然界では予想されている歩留まりですので
猛禽類も餌がないと困ります
それが自然界のバランスで仕方が無いことだと私は考えています
カルガモがもう直ぐ数匹のコガモを引き連れて泳ぐ季節ですが
あのコガモも1羽だけでも成長すれば良い方と言う現実です


<< クマンバチは藤の花に群れる      彼女と居るときも彼女を待つとき... >>