2013年 05月 05日

やはり順番通りツバメシジミが出てきました

e0022047_23421445.jpg
e0022047_23431466.jpg

宝塚市西谷の里山のポイント
ベニシジミの次にツバメシジミが出てきた
シジミチョウは概ね親指の爪くらいの大きさです
もうセセリやトンボまで昆虫がどんどん羽化している
この遅い春の山の中も春本番です

天気のいい日に撮影に出かけると
全く人の居ないポイントなので
のんびりと蝶と戯れることが出来る
腹ばいになって撮影しても
誰もとがめる人も居ない

そんな秘密のマイポイントです

[PR]

by captain_spoc | 2013-05-05 23:49 | 昆虫 | Comments(6)
Commented by kisyusumaile at 2013-05-06 00:06 x
色合いがとてもきれいですね。
ピンの確かさ、背景の処理、何度も見つめています。
昨日のベニシジミといい、春本番の美の競い合い。

腹ばいになって熱心に、静かに、時を忘れて夢中になっている姿が
目に浮かぶようです。
珠玉の時間ですね。
自然の便りを楽しみにしています。
Commented by yoshi at 2013-05-06 22:16 x
腹ばいになっても大丈夫ですか !(^^)!
撮影に集中できるポイントはいい場所ですね!

ツバメシジミは子供のころよく見た記憶が有ります。
今まで、名前は知りませんでした。
懐かしい蝶という印象です。
Commented by captain_spoc at 2013-05-06 23:04
☆kisyusumaileさんこんばんは^^
マクロ撮影ではピントが合っていることは最低条件
特に顔には絶対ピンが欲しい
もっと言うなら目にピンを合わすのは常識

其れに加えて背景の処理
ボカすとか黒く落としたり白く飛ばしたり・・・
もう一つの工夫が被写体に近づくこと
トンボでも蝶でもすぐ逃げる昆虫に如何に近づくか
被写体と写し手の知恵の攻防です

そんなことを楽しみながら誰にも邪魔されず没頭できるのは
ネイチャーの撮影の醍醐味だと思います
Commented by captain_spoc at 2013-05-06 23:08
☆yoshiさんこんばんは^^
今日のアップのショットを見れば腹ばいになっても問題ない場所だと分かってもらえると思います
もしどなたかでもマクロに興味がおありならご案内しますよ
ツバメシジミは街でも良く見かけると思います
ベニシジミと共に特別珍しい蝶ではありませんが
近づけて撮影できるととても達成感があり楽しいです
Commented by ta-chan at 2013-05-07 10:20 x
西谷の里山風景の写真集すごいですね♪ とっても楽しみに 見せて
もらっています 母様がいらした西谷での ボランでイアコンサートも
懐かしい 楽しかった授かり思い出になりました 
きっと あの美しい母さまから 最高の お優しい楽しみプレゼント
の里山でしたね 
植物が大好きになった私も 幼いころのこんな里山のおかげ様でした 
 
Commented by captain_spoc at 2013-05-07 23:41
☆ta-chanこんばんは^^
この場所を知ったのも母のホームの往き返りに見つけたのです
だから母が教えてくれたのかもしれません
このあたりはご存知のように自然豊かで
鳥や昆虫を撮るのにたいへん良い場所です


<< 私のポイントはこんな里山です      花止まりのベニシジミは美しい >>