スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 18日

ハイテクを駆使して難易度の高いショットを

e0022047_22481544.jpg

e0022047_22483850.jpg

タイトルのハイテクとは何を指すのか
露出やフォーカスはautoで機械がやってくれる
だからカメラマンは被写体をファインダーに入れることさえ
やっておけば後は勝手にシャッターを押せば写る

とは言ってもそれなりの設定は準備しなくてはならない
そこで先日新しい高級機を買った写友の
練習のために飛びモンを写しに行くことにした
こんな飛びモンを写す為に最低限必要なスペックがある

先ずフォーカス合わせには連続フォーカスのC-AFが必要
これで動き回る被写体を気にせずフォーカスが合う
これに加えて連写機能が優れていないといけない
トンボや鳥などの高速で動くものには
連写で数撃って中から良いものを選ぶ

昔はオートフォーカスなんてなかったので
フォーカスリングを廻してピントを合わせていた
慣れるとかなり早いタイミングでピントを取ることができていた
しかし最近のハイテク技術のフォーカスは
人間の能力をはるかに超えている

今日の2枚は突然目の前に飛んできたハトとカルガモを
瞬時に撮影するガンマンの早撃ちみたいなことをした
ファインダーには捉えているのだが
フォーカスがなかなか来ない
でもシャッターは捨て撃ちで連写しまくっている

OLYMPUSのE-5は世界一フォーカスが早いと言うふれこみだ
だがそれはレンズによるのであって
私の持っている安モンのレンズでは早いといっても未だ遅い
やっとフォーカスが決まったのがこの2ショット
しかし少しピンが甘い

話は変わるがトップのドバトは野鳥ではない
家禽として飼われていたものが野生化したもの
言えばアヒルと同じようなものだ
写真に撮る人も少ない
でも猛禽類の餌として食物連鎖の中に組み込まれている

むやみにペットを野に放してはならない

[PR]

by captain_spoc | 2013-06-18 23:15 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by 五郎 at 2013-06-20 18:29 x
我が家の上空を南方系のインコがぎゃ~ぎゃ~と叫びながら
飛んでいきます、日本の冬でも平気で順応してるみたいです
デジタル時代、ついて行くだけで精いっぱいです(;一_一)
Commented by shkphappy at 2013-06-20 22:03 x
なんか室内で紐でつるされたモビールの鳥さんたちのように
静止してますね 云千?分の1の速さで鳥の動きを捉えて見事ですね
いつもながら
Commented by captain_spoc at 2013-06-20 22:51
☆五郎さんこんばんは^^
何時もイイネボタンを頂き感謝です
日本の空をインコが飛んでいくんですか
困ったモンですね^^;
インコの飛翔写真でも撮りに行こうかな^^
Commented by captain_spoc at 2013-06-20 22:54
☆shkphappyさんこんばんは^^
確か1/1600秒の高速シャッタです
高速ですと止まったように写りますので物足りなくなり
流し撮りのスローシャッターに興味を持ったしだいです
高速で止めたりスローで流したり
撮り方色々です
名前
URL
削除用パスワード


<< デジタルカメラマガジン・7月号...      トンボの産卵シーンとコシアキト... >>