スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 06日

宝塚の里山にて観察

e0022047_23425888.jpg

e0022047_23432484.jpg

宝塚の里山へテリトリーパトロールに行ったときに発見
オオチャバネセセリです
ここは以前に比べて
生息する昆虫の数が増えたように思います

手の入らなくなった里山は荒れ放題で
背の高い雑草や樹木が生い茂っていました
そこを手入れして間伐をして木々の密度を少なくしました
すると太陽が地上まで光が当たるようになり
背の低い木や草花が成長して
今まで見ることの出来なかった生物が見るようになりました

それはネイチャー・フォトグラファーにとっては
とても嬉しいことです

[PR]

by captain_spoc | 2013-07-06 23:56 | 昆虫 | Comments(2)
Commented by 趣味人 at 2013-07-07 06:03 x
私、写真撮るのんが趣味になる前は、このセセリやヒカゲ、
ジャノメなどは、「蛾」の仲間やと思うとったほど、動植物
に疎いものでした^^;
写真撮りが趣味になって、「ええっ、コレって『蝶』の仲間
やったんですかぁ!
なんて、ちょっと前の恥ずかしい思い出を思い出しました(^^;)

↓、「仰るとおり」
私、言葉の引き出しが少なくて、うまくそれを表現でけへんねんけ
ど、captain_spocさんのこさえた文を読ませて頂いてたら、痞え
ていたもんが降りたようで、なんやスッキリした気分(^_^)/
Commented by captain_spoc at 2013-07-07 22:28
☆趣味人さんこんばんは^^
私も同じですよ
写真をやりだして花の名前や鳥の名前、虫の名前など沢山の知識が増えました
写真を趣味にするようになって自然の有り難さや美しさなどが
実感として感じられるようになりました
そんな意味でも写真の趣味はとても奥が深い有意義なものです
そんな知識が増えていくということは人生の宝が増えていくことです
知るは宝なり・・・と申します
これからも新しい知識を増やして行きたいと思います


<< 東京は梅雨が明けたって言うのに      益虫と害虫はどこが違うん? >>