スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 25日

大阪梅田のグランフロントにはアートが一杯(その2)

e0022047_22563238.jpg

e0022047_22571669.jpg

グランフロントを見ていると
まるで未来都市のようだ
これは褒め言葉ではなくある種の皮肉をこめている
人間が物のような扱いに見える

トップのエスカレーターの写真
暗いので人物がかなりぶれて写っている
まるで生産工場のベルトコンベアーのようである
人間が上り下りしたいが為に利用しているのに
何だか整列させられてコンベアで運ばれているようだ

2枚目もそんな感じである
スケルトンの透けたエレベーターには沢山の乗客
これも何だか機械で運ばれているような・・・
そんな雰囲気の中のモダンな設計の建物
まるで未来都市の不毛の人間の生活が
垣間見えるような空恐ろしさを感じる

大阪駅から沢山の人が列を作って
グランフロントのビルへ向かっている
黙々と前の人についてぞろぞろ歩いている
ロボットのようで人間味が感じられない

きっと誰も彼も同じような行動パターンなので
そのように感じるのだろうか
泣いたり笑ったり恋をしたり
そんな人間の自然の生態が見られない
都市とはそんなものなのかもしれないと感じた

[PR]

by captain_spoc | 2013-07-25 23:10 | 街撮り | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 不便を楽しむも結果は無残      大阪梅田のグランフロントにはア... >>