スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 06日

災難は何処から降ってくるか判らない

e0022047_2361487.jpg

e0022047_2224358.jpg

大阪市立科学館へ出かけようと
大阪市内へ出かけました
ここの1階のフロアに描かれたトリックアートを撮影したいと思いました
土佐堀の交差点で停止中に
突然ガチャンと大きな音がして目を転じると
人が飛んでいました

どういうコッチャと見てみると
軽ワゴンに通行中の歩行者が撥ねられたようです
まさにはねられて突き飛ばされ空中に飛んでいるのが目に入りました
車同士の事故はよく目にしますが
車対人は目の当たりにするのは初めてです

歩行者は歩行者信号が青だったので歩いて渡っていました
そこへ後ろから右折してきた車にはねられたようです
車の衝撃から即死かもしれません
ブレーキ音はなかったです

歩行者は何の落ち度もなく安心して渡っていた事と思います
加害者も被害者もとんでもない災難に巻き込まれました
そしてそのお互いの家族もこれからのことを思うと居たたまれない思いです
どうしてこの二人はこの交差点で合う運命にあったのでしょう
人知の及ばない不思議な宿命の綾には抗えないのでしょうか

2枚目の写真も昨年ですが同じ状況でした
歩行者信号で渡っていた自転車が右折車に撥ねられました
この二つの事象には共通の条件があります
どちらも2車線の幹線道路の交差点です

横断歩道も距離は長いです
右折車も右折するタイミングが対向車が多く難しい
当然信号の変わり目には
右折の矢印が出るのですが
途中で右折するには車の間隙を測るのが難しい

行けると思ってもその先にはもう1レーン横断歩道があるのです
車の隙間は注意してみても
歩行者を見るのが疎かになります

もう一つ考えられるのが脇見です
私も時々前方から目線を切ることがあります
運転中は仕方のない行動ですが
何千回何万回の1回はこんなことに遭遇することもあるのです

毎日のように運転する私にとっても
自戒の意味もこめて運転には注意をしなければと
決意を新たにしました
絶対に対人事故だけは避けなければなりません
金で片がつくわけがないのです

[PR]

by captain_spoc | 2013-09-06 23:10 | 日常 | Comments(3)
Commented by kyoncci at 2013-09-07 08:17
本当に、やってしまってから取り返しがつかないのが事故のおそろしさです。
もちろんほとんどの場合加害者が悪いのですが、それだけじゃないなぁと思うこともあります。
信号が黄から赤になる瞬間にわたりだす歩行者、「轢けるものなら轢いてみろ」とでも言いたげな自転車、まったく自分のことしか考えてないバイク(おととしコヤツのために私は追突されました)
家と仕事場の間に2箇所大変危ない場所があります。ひとつは武庫川土手東側(大変細く道路の中心線が無い上、歩道もありません、車同士の対行がぎりぎり)、もうひとつは荒牧バラ園そばの四辻です。何故か横断歩道が異様にすべて辻に寄っていて、特に車で左折する場合時点自転車が見えないところから飛び出してくる危険性があります。
いつも気を張って運転しています・・・・
Commented by shkphappy at 2013-09-07 17:14 x
人だけ自動車だけの信号がこのところつき始めましたが
ここの交差点も構造的な欠陥もあるようなので
そんな試みも必要なのかもしれませんね 渋谷の
スクランブル交差点みたいに!!

それにしても本当にご愁傷様です!!
Commented by captain_spoc at 2013-09-08 00:44
☆kyoncciさん、shkphappyさん何時もコメントありがとうございます^^
被害者加害者も大変なことだったことと思いますが
目撃者の私もショッキングな出来事で一寸滅入っております
kyonncciさんは職場へ車で行かれるのですか
お気をつけください
shkphappyさんスクランブル信号は右折左折とも歩行者に会わないので安全ですね
しかしドライバーからすると待ち時間が長く渋滞の恐れも多いです
なかなか良い方法はないものかと・・・・


<< スィング・ガールは平成のディジ...      ランゲルハンス島クラブへ加入の危機 >>