スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 22日

カイツブリの抱卵

e0022047_23412752.jpg

e0022047_23414773.jpg

公園の池でカイツブリが営巣している
人に慣れている所為か通路の目の前に巣がある
通る人がじっと眺めたり
シャメを撮ったり超人気

なかなか立ち上がってくれないが
ずっとカメラ構えて待っていると
30分くらい経ってやっと立ち上がり
巣から離れて水にもぐった

そのチャンスに卵を見ることが出来た
一寸季節的に遅めの抱卵だ

[PR]

by captain_spoc | 2013-09-22 23:47 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by yoshi at 2013-09-23 09:06 x
カイツブリの目は、可愛いです。
たぶん、雨が降ったら、濡れ放題でしょうに
鳥の愛情の深さを感じますね。
Commented by shkphappy at 2013-09-23 09:27 x
カイツブリと卵を同時に見せるのに難儀されたのでしょうね
アムステルダムの水上生活者の方たちは自分の船のそばに
こんな巣をつくり?つくらせ?鳥とともに生活されてました

いい風景でした
Commented by shizuo7f at 2013-09-23 11:51
こうして抱かれ暖められて、やがてその姿を現すんですね。
そうですね、雨が降ればずぶ濡れ。
この卵のようにわたし達も…。
スポック艦長さん、時間を掛け待った甲斐がありましたね。
いいショットを撮られました。
Commented by kyoncci at 2013-09-23 19:03
昔深川の公園でカイツブリのヒナを見たことがあります!
残念ながらそのときは蛇にやられたそうで2羽しか残っていませんでしたが・・・
沢山生まれて無事に育ってほしいですね(*^-^*)
Commented by captain_spoc at 2013-09-23 23:36
☆yoshiさんこんばんは^^
雨の日も風の日もめったに巣から離れません
孵化した後も独り立ちするまで餌の捕り方等を教えて
頭が下がります
Commented by captain_spoc at 2013-09-23 23:40
☆shkphappyさんこんばんは^^
そうこの巣から親が離れて入るときに卵を写す為に粘りました
この巣から離れたときから後30分くらいは見ていましたが
離れませんでした
1時間見ていても巣から離れたのは1分30秒くらいでした
だから卵を見た人は本当に少数だったと思います
Commented by captain_spoc at 2013-09-23 23:43
☆shizuo71さんこんばんは^^
本能と言えばそれまでですが親の愛情がひしひしと感じられました
抱卵して座っている姿は皆さん撮影していますが
どうしてもお腹の下の卵を撮影したくて粘りました
人間にも通じる親の愛情を感じました
Commented by captain_spoc at 2013-09-23 23:49
☆kyoncciさんこんばんは^^
雛から成鳥に育つ鳥は非常に率が低いです
食物連鎖の一番弱い部分が雛のときです
2個の卵がありますが2羽とも成鳥になることは先ずないと思います
1羽でも残れば良い方です
自然は厳しいです
名前
URL
削除用パスワード


<< シオカラトンボの交尾産卵の様子      特徴的なパイプ構造の建築 >>