スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 24日

写真は逆光でドラマチックに変わる

e0022047_2285729.jpg

お隣の庭先でヤマトシジミがヒラヒラ
それも数頭が入り乱れて飛んでいる
今日会った写友の蝶博士に聞くと
カタバミが食草とのこと
なるほどと納得

お隣でたくさん居るなら写すのに最高の条件
何も慌てることもなく色々試せる
採用したショットは逆光に翅の褄が輝く
上のショットを採用

常々私は撮影の時逆光の位置取り多用致します
撮影が難しくなりますが
成功したときはとてもドラマチックに仕上がります
たとえば私の好きな作品「緊張の時
これは後姿でその緊張感を表現しました

早朝の甲山森林公園でのショット
ダウンコート」これも逆光で撮った写真です
この頃はまだ腕が未熟で
もっとマイナス補正で黒を締めたかった
でも普通の順光の写真よりドラマが生まれそうです

失敗の危険性が大きい逆光ですが
上手く光を制御できれば
素晴らしい作品が生まれます

[PR]

by captain_spoc | 2013-09-24 22:39 | 昆虫 | Comments(4)
Commented by happykota at 2013-09-25 20:21 x
こんばんわ

そうですね、逆光での被写体、魅力的な表現ができそうですね。
まだまだ勉強不足ですので、頭では理解できてもなかなか
これはと言った写真には至らずにいますが、
チャレンジ・チャレンジですね。
まぐれや・・・出会いがしら でも…いいんですが。
難しいですね。
Commented by captain_spoc at 2013-09-26 00:05
☆happykotaさんこんばんは^^
露出補正が難しく経験を重ねないとなかなか上手く行かないものです
概ね補正はマイナスにしたほうが黒が締まって美しく撮れるようです
私もまだまだ習得したわけではないので
試行錯誤の連続です
Commented by k at 2013-09-27 22:20 x
逆光の写真憧れます。タイトルのように
命の輝きがいっそうきれいでドラマチックですね。
私も朝や夕暮れ時のすてきな写真を撮りたいです。
こんな写真を見せていただくと夢がふくらみます。
Commented by captain_spoc at 2013-09-27 23:08
☆Kさんこんばんは^^
是非是非カメラを持ち歩いて色々試してください
そしてKさんのページを飾ってください
期待しております
名前
URL
削除用パスワード


<< 色が綺麗な魚は魅惑的      シオカラトンボの交尾産卵の様子 >>