2013年 12月 20日

シャッター速度が重要なときもある

e0022047_23494168.jpg


人それぞれですが私は通常Aモードで撮影いたします
被写界深度がコントロールしやすいのが原因です
というよりもAモードで絞り開放で待機しています
シャッター速度が限りなく速くなり
手振れ防止に役立ちます

昔のフィルム時代からの癖なんですが
カメラに手振れ防止が装備されているにもかかわらず
手振れを何時も気にして頭から離れません
今まで手振れで失敗したことは数知れず
身に沁みて懲りています

だからコンデジを撮影するとき
手を伸ばして裏の液晶を見て撮影するなんて
私は怖くて何時も悩んでいます
大きなカメラをぶら下げて撮影に行くと
上手な人なのだろうと思われるのか良く撮影を頼まれます

撮影後に裏の液晶で確認してお渡しするのですが
パソコンで見たらどんなだろうと想像するとぞっとします
自分で撮影するときも左手で支え右手でグリップを握り
ファインダーをおでこに当てて3点支持
脇を締めて何時も緊張の時

そんなことでAモードが一番安心できるのですが
シャッター速度をコントロールしなければならないときがあります
高速飛びモンシャッターや低速流し撮りなどのときなど
こんなときはSモードでシャッター速度を変えながら撮影します

大阪空港で撮影のこの日も
ターボプロペラ機やヘリコプターの撮影
あまりに高速ですと竹とんぼのようにプロペラが止まってしまいます
そこでプロペラ機のときは1/100くらい
ヘリコプターのときは1/50くらいを目安にしています
こんなときはSモードで撮影いたします


[PR]

by captain_spoc | 2013-12-20 00:11 | スナップ | Comments(4)
Commented by taropapa43 at 2013-12-20 08:37
大変参考になりました
Commented by momin at 2013-12-20 12:16 x
艦長の言葉、いつも勉強になります。活かせるかどうか?は努力と記憶のモンダイで(≧∇≦)
Commented by captain_spoc at 2013-12-20 22:35
☆taropapaさんこんばんは^^
お役に立ったでしょうか?
Commented by captain_spoc at 2013-12-20 22:36
☆mominさんこんばんは^^
mominさんに言われるとお尻がこそばゆい
経験の長い方はこんなもの常識ですからスルーしてください


<< イルミ第3弾は時空の広場      イルミの光を使ってアートに遊ぶ >>