2014年 02月 12日

雪国に生活する人観光に来る人

e0022047_22451947.jpg

e0022047_22454017.jpg

e0022047_2246310.jpg

e0022047_2249084.jpg

国の保存指定を受けたこの地区の住人は
不便を感じても伝統的家屋の茅葺の家を残す努力をしている
最近では雪の量は少なくなったそうだが
3枚目のおばあちゃんは独りで雪下ろしをしていた

雪が滑り落ちるように急勾配の屋根だが
渡り廊下のある部分は雪が引っかかる
息子さんは本日選挙に行っているそうで
お婆ちゃんが一人で雪をかいていた

そのおばあちゃんと話をしたが
若い頃は沢山雪が積もって
その積もった雪の山から屋根に上れたそうだ
私も試しに雪かきをしたが
ぎしぎしと音を立てて重たい雪が
へばりつくようにしてなかなか落ちない

美しい家並みの村だが
生活するには大変なようだ

[PR]

by captain_spoc | 2014-02-12 22:55 | スナップ | Comments(6)
Commented by taropapa43 at 2014-02-13 08:40
私も富山4年、北海道11年と過ごしましたが雪国の生活は大変です
旅行や観光で少し滞在するのは楽しいですがね
Commented by biwahama at 2014-02-13 14:56
雪国の景色を見る分には とても綺麗で幻想的で。。。と感じても
そこで生活する人々の現実はとても厳しいものでしょうね。
おばあさん一人で雪かき・・・大変ですし危険を伴いますね^^;
茅葺屋根の風情を国の指定とされて残す努力をされながらも
いかに安全に快適に。。。残された人々の加齢の問題もあるでしょう。
Commented by captain_spoc at 2014-02-13 22:55
☆taropapaさんこんばんは^^
そうですね北海道は長かったですね
観光してさっと帰る人はいいですけど
ここで暮らす人は大変だと思いました
Commented by captain_spoc at 2014-02-13 22:58
☆biwahamaさんこんばんは^^
屋根のカヤを葺き替えるのも村人総出での作業ですし
新しい断熱効果の高い建材を使いたいでしょうけど
古い様式を保存しなければならず
大変な努力を強いられます
国も指定だけするのではなく何か補助も考えないと
暮らす方達は大変なようです
Commented by m-k7538itami at 2014-02-14 00:48
雪国の風景には美しく憧れがありますが現実はとても大変な生活を
強いられるのですね・・・・
茅葺きの屋根も現実は保存が難しくお金もかかると聞いています

年々お年寄りが増えて不自由でしょう
私の仕事など先日の雪でオタオタ・・・・ダメです

ヘッダーのお写真素晴らしいですね~

Commented by captain_spoc at 2014-02-14 21:47
☆クニさんこんばんは^^
古来からの伝統的茅葺の技術は
次世代まで残して欲しいものです

ヘッダーの写真まで感想を頂き嬉しいです^^
現地について直ぐ遠景で奇麗な風景に感嘆して
ワンショット撮りましたものを使いました


<< ポイントで頂きました時計をブツ撮りで      長年の夢美山の綿帽子が撮れました >>