スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 14日

競馬をもっと激しく表現したい

e0022047_21105271.jpg

e0022047_21111594.jpg

e0022047_21124100.jpg

e0022047_21122175.jpg

e0022047_21123987.jpg

競馬の流し撮りだがどうも納得がいかない
経験を積んで入選も果たした競馬の流し撮りだが
経験を積めば積むほど目が肥えるのだろうか
自分の写真に満足できない

もっと迫力が欲しい
先ずフレーミングが当たり前すぎる
ズームレンズは非常に便利だが
撮影中にどんどん迫ってくる馬群をフレームに入れようと
どうしても引きのズーミングをしてしまう
これはカメラマンの本能だろうか・・・

見た目は複数の馬をフレームに入れようと考えてしまう
何も頭から尻尾から足の先まで
全部フレームに入れる必要は無いように思う
今回必死でズームを退くのをこらえたがイメージ通りには行ってない

次に流し撮りは上手く行っているのだが
奇麗過ぎるきらいがある
こんなに止まらなくて良いのだ
これも本能として馬の速さとシンクロさせてしまう
もっとブラシたければssを遅くすれば良いのだが
脚の力強さがぶれすぎて弱くなる

ではどうして迫力を出せばいいのだろうか
今回は高速ssで馬を止めたショットも
レンズのテレ側一杯にして写したのと
トリミングで迫力を出すようにトライしてみた

こうして何回も同じ被写体を同じ手法で表現しても
時が経ち腕を磨けば又新しい表現にぶち当たる
これからは流し撮りも奇麗に止めるのではなくて
迫力の流し撮りを目指したい

[PR]

by captain_spoc | 2014-02-14 21:31 | スナップ | Comments(2)
Commented by taropapa43 at 2014-02-15 07:51
私は最後の一枚が好きですね
Commented by captain_spoc at 2014-02-17 01:04
☆taropapaさんこんばんは^^
最後のショットがお気に入りですか
ありがとうございます
名前
URL
削除用パスワード


<< 雪道を車で飛ばして美しい美山の郷へ      ポイントで頂きました時計をブツ撮りで >>