スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 17日

シュールを真似ればシュールに染まる

e0022047_23412054.jpg

e0022047_23415065.jpg

e0022047_2342262.jpg

私の写友にシューレアを使いこなす達人が居る
背中に私はシュールと書いている様な人だ
真似をしたくてもシュールがわかっていない私には真似もできない
だが一点ウィンドーに写る世界を写すのを見ていると
真似が出来そうなので自分でトライしてみた

やってみると面白い
シュールが判ってきたような気持ち
多重露光のような虚と実の入り乱れたような
そんな不思議な世界が広がる

コツが分かってきた
お店が休みのこと
以前ブランドの店のショーウィンドーに写る世界を写していたら
店員が飛び出してきて止めるように注意を受けた
次に反射される世界が明るいこと
人物が入れば面白い

そんなところが私のシュールの定義
メッチャ単純
これじゃ一生シュールの使い手にはなれそうもない

[PR]

by captain_spoc | 2014-02-17 23:56 | スナップ | Comments(6)
Commented by loughpaper2788h at 2014-02-18 05:58
普段うまく写らない事を心配していることを積極的に利用する方法があるんですね^^
Commented by ハッセルぶらっと at 2014-02-18 11:03 x
こんにちわァ~
ウインド越しの世界って 難しいですよね。
尼崎の写真家の  自像とマネキンが旨く融合されているのを見て以来 真似るんですが、やっぱりプロには敵わないです。
いつだったか クリスマスのイルミをウインド越しに写していたら 閉店時間でのないのにウインドの照明を消されてしまいました^^;

Commented by hanarenge at 2014-02-18 19:53
シューレアリズム。。。。解るようで解らない。

捕らえ所のないような、もどかしいような。。。。

そんな事を考えているとますますシュールになる私の頭です。
Commented by captain_spoc at 2014-02-19 00:50
☆loughpaperさんこんばんは^^
私たちアマチュアカメラマンは失敗してもドーッちゅう事ないです
でもプロは失敗すると飯が食えません
だからとんでもない冒険はアマチュアの特権です
もうひとつ今はフィルムではなくてカードです
失敗を恐れず挑戦できることが許されるのです
Commented by captain_spoc at 2014-02-19 00:54
☆ハッセルぶらっとさんこんばんは^^
尼崎のプロとそのお仲間たちはとても上手にこの手法を使っています
とても真似はできません
今回わかりましたがお店が休みのときは何の気兼ねもなく
撮影できるのでお勧めです
Commented by captain_spoc at 2014-02-19 00:56
☆hanarengeさんこんばんは^^
私の永遠のテーマなんですが今もってヨー判りません
良く判らんシューレアを取得するより
自分の特長を生かしたほうが近道だと思います
名前
URL
削除用パスワード


<< その昔総天然色映画と言うものが...      雪道を車で飛ばして美しい美山の郷へ >>