2014年 03月 18日

春の陽射しに小鳥たちは葦原に遊ぶ

e0022047_208692.jpg

e0022047_2073858.jpg

今日はこのイメージを具現化するために
一日中葦原に腰を据えてチャンスを待ちました
何でこんなショットに・・・
珍しい鳥でもないのに

これは奈良市で見ました美術展の
日本画の一点にとても感銘を受けたのです
池田遙邨の山頭火の日本画
池田遙邨の山頭火の作品をリスペクトして
雰囲気だけでも表現したいと思っておりました

絵画と写真ではタッチが違いますので
まったく別物になっていますが
頭の中のイメージは
山頭火が風の中の原野を旅している
そんな作画をしたいと思っておりました

まあそのうちにイメージがわいてくると思います
今回は雰囲気だけということで・・・・

[PR]

by captain_spoc | 2014-03-18 20:22 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by m-k7538itami at 2014-03-18 23:11
草原に小鳥・・・・
日本画の様です良いですね~こんな写真を撮ってみたいです!

過去の2011.8,5かな?カワセミさんみました
偶然とはいえ、2メートルで撮れたのは凄い!
あの人達が言いそうなセリフですね
カワセミは誰のものでもない!確かにです!
Commented by kyoncci at 2014-03-19 09:03
でっかく写すだけが鳥写真では無いとおもいます(´∀`)
まぁ長いレンズ持ってないものの僻みでしょうけど・・・
うちには山ほど?着物があるので
その模様からリスペクト受けることは多いです。
油絵より日本画とか着物の柄は写真向きですよね♪
Commented by kisyusumaile at 2014-03-19 11:48 x
お久しぶりです。ちょっと体調を崩していたもので。
日本画のセンスで葦原の小鳥を粘り強く撮影されましたね。
何だかほっとします。暖かさが漂ってきます。
我が家の前の公園にキビタキが来ましたよ。
特に朝夕、綺麗な声に和んでいます。春ですね。

先日、88歳の写真家が紀州の海岸美を撮影した素晴らしい個展を拝見しました。日頃から親しくしている方で、初日と最終日に足を運びました。写真歴50年。40周年の時には、人間に光を当てたモノクロ写真集を発刊。
83歳で両足の膝関節を手術。一転して自然に目を向け、85歳から3年間をかけ、タクシーを使って紀州の海岸をくまなく撮影。人生の集大成とも言える135点の個展。終了後には全作品を施設に寄贈しました。
意欲と執念、そして自然を限りなく愛する心が胸を打ちました。

艦長の益々の挑戦に期待しています。
ご健康には十分ご注意ください。
Commented by captain_spoc at 2014-03-19 23:27
☆クニさんこんばんは^^
本日はお久しぶりにお会いできてお話が出来てよかったです
イメージだけ先走りしてあまりええ作品にはなりませんでしたが
そのうちにヒットを飛ばしたいです^^

過去のカワセミのこと思い出しました
マナーのわからん奴らとは係わり合いを持たんほうが得策です
Commented by captain_spoc at 2014-03-19 23:30
☆kyoncciさんこんばんは^^
日本画と和服の柄ととても参考になると思います
どちらもいかに簡略化するかを苦労しているわけで
写真は何でも写りこんでしまいます
いかに不要なものをマイナスして行くかに掛かっていると思います
そんな写真を撮ってみたいと考えているスポックであります
Commented by captain_spoc at 2014-03-19 23:35
☆kisyusumaileさんこんばんは^^
体調を崩されていたとは・・・
もう開腹されましたのでしょうか
どうぞお大事になさってください

キビタキとは珍しいものを・・・
なかなか会うことも出来ない貴重な鳥です

お話の先輩とはくらぶべくも無いですが
その方の努力には感心いたします
写真を愛し自然を愛するその気持ちだけは
負けずに頑張りたいと思いました


<< 開腹してバイパス手術で命永らえました      私のカーラジオはFMosaka... >>