2014年 04月 26日

春は昆虫に花に季節ものが一杯

e0022047_23015527.jpg
e0022047_23021066.jpg
e0022047_23023346.jpg
写友と蝶を撮りに行ったときに
見つけた初認の蝶コツバメ
大きさは親指のつめくらいのシジミチョウ
翅の表は綺麗な色らしいが
止まっているときは翅を広げない

だから表を撮るのは至難の業
飛んでいるのが止まる時か
止まっているのが飛び出す瞬間
そんな神業みたいなことはとてもできない
その内に撮れたと報告できれば幸いですが・・・

一緒に行った写友は子供の頃から蝶が好き
だから蝶のことは詳しい
色々教えてもらえる
この蝶も即座に名前を教えてもらった
猫好き・飛行機好き・鉄道好き
色々写真のジャンルも多士済々

それに引き換え私は
一応ネイチャーが好きと言っているが
何でもかんでも興味が尽きず
ダボハゼのように喰らいつく

何を語らせても中途半端
前にも書いたように飽き性が原因のようだ
直ぐ飛びつくが直ぐ飽きる
でもそれが私の創作意欲の源と思えば
それも悪くは無いのかもしれない

このブログを見ていただいている方も
色々なジャンルの写真を見ることができて
撮る方見る方どちらも結構
・・・と言うことか

[PR]

by captain_spoc | 2014-04-26 23:24 | 昆虫 | Comments(4)
Commented by kyoncci at 2014-04-27 05:50
虫をキレイに撮るときの方法として、私なりにふたつのやりかたがあります。
ひとつは珍しく美しいものをひたすら追いかける。
屋久島なんかではずっとそうしてました♪
ただこの方法はムダが多いし疲れます・・・・

もうひとつはどんな動物が居るか分かっておいて
舞台をどこにすうかも決めて、ひたすら待つ。。。。。
当たればでかいけどまったく当たらない方が多い(泣)

このところ老化のせいで、後者になりつつあります・・・・・
あのすばらしいい熱情をもういちど!ヽ(*´∀`)ノ
Commented by k at 2014-04-27 22:56 x
チョウもきれいな花の上で幸せそう
飛び回るものはなかなかじっと鑑賞できないので
見せていただけてうれしいです

いろんなジャンル、不得意なものには
とても楽しみです

連休も飛び回っておられるのでしょうね^-^
Commented by captain_spoc at 2014-04-27 23:32
☆kyoncciさんこんばんは^^
屋久島の蝶撮影は夢のような楽しい時間でした
本土ではなかなかお目にかかれない大型の蝶がたくさん居て
もう夢中になって撮りました
老化の所為と仰いますがkyoncciさんの根性には感心いたします
あの重いカメラバックを担いで山や坂を歩き回る
まだまだお若いです
Commented by captain_spoc at 2014-04-27 23:37
☆Kさんこんばんは^^
マクロ撮影は人間の眼では見ることのできない世界を
写真にするというとても興味深いショットなのです
自然相手ですからなかなか意のままにならないところが
又意欲を掻き立てられて入り込んでしまいます
連休もウィークデーも出たきり老人継続中です
デブ症婦人は相変わらずテレビのお守りです^^


<< 帯に短したすきに長しレタッチに...      万博日本庭園つつじヶ丘のつつじが満開 >>