スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 05日

急ぐ旅でもなければバスも又良いもんだ

e0022047_22591092.jpg
e0022047_22592869.jpg
今や長距離バスのネットワークが
非常に発達して
大阪から九州・四国や東京まで
頻繁に発着している
ここ大阪駅前のバスターミナルでは
名古屋行きや岡山行きが到着した

バスでも鉄道でも
駅にはドラマがある
旅立ち、別れなど
人間くさい旅情がかき立てられる

私も四国へはバスで出かけたことがある
目的地の近くで降りられるし
費用が安いし
運行回数も頻繁に出発している
高速網が発達して
時間も早く到着する

又ふらっとバス旅行がして見たい
特に計画もなく思いつきで
出かけたら面白いかもしれない

[PR]

by captain_spoc | 2014-06-05 23:10 | スナップ | Comments(12)
Commented by きょんち at 2014-06-05 23:15 x
バス旅行の良さは、私にとってはとにかくお安いこと!
東京ー福島 新幹線だと8500円位
バスだと3000円!
乗り心地もまぁまぁ、途中でSAのトイレ休憩も楽しいです♪

そういえば関西に来てから高速バスをあんまり使ってないなぁ~
四国とかいいですよね
Commented by captain_spoc at 2014-06-05 23:33
☆きょんちさんこんばんは^^
私は四国島並み街道に写友の皆様とバスで行ったことが
思い出に残っています
多々良大橋の橋脚の上に登って撮影した
あの旅行でした
Commented by taropapa43 at 2014-06-06 06:33
是非関東へ
お待ちしてます
Commented by wonderfuldays1956 at 2014-06-06 10:35
もう20年以上前ですが、実家(島根)に帰るのに、就航したばかりの
高速夜行バスを利用しました。
座席もゆったりで、トイレもあるし。
楽勝!と思っていたけれど、やはり7時間かかると腰が痛くなりました。
なので、帰りは別の手段で(笑)
今も広島まで新幹線で行って、広島から高速バスで2時間です。

夜行ではなく、昼間の数時間なら利用できるかなぁ。
安さはやはり魅力ですよね!
Commented by happykota at 2014-06-06 16:25 x
こんにちは

そうですね、バス旅行もいいですよね。
確かに時間が電車に比べてかかるんですが、
様々な街並みを抜けていくバスの旅もそれ相応に
旅情がありますね。
と言いましても、わたくしの場合ほとんどのバス旅行が
夜行のスキーバスでしたが。
ゆっくりと後ろに流れるる、夜の街の灯りに、少なからず
旅情と哀愁を感じていました。

今度のバスで行く・・・西でも 東でも・・・
気が付けば 寂しげな街ね この街 は・・・です。
Commented by nextday55 at 2014-06-06 20:31
昔はよく乗ったものです
夜行バス・・・
高知県や東京新宿まで  上六を午後10自ごろ出発して
ひたすら夜中 高速をはしります
ついた時はバス停で貌を洗って・・・なつかしい
一体あれは何だったのだ!
Commented by captain_spoc at 2014-06-06 22:57
☆taropapaさんこんばんは^^
そやねえ
東京までバスで行くと安く行けるなあ
Commented by captain_spoc at 2014-06-06 23:01
☆wonderfuldayさんこんばんは^^
私も仕事が現役のときに浜田にある会社に広島まで新幹線
広島からバスで往復でした
雪の日のバスの車窓から見る景色は日本海側の厳しい景色でした
懐かしいです
Commented by captain_spoc at 2014-06-06 23:05
☆happykotaさんこんばんは^^
ジョニーへの伝言・・ええですねえ
日本のように鉄道が発達してないアメリカでは
映画でよく出てくるバスターミナルの
あのざわざわとした旅情がなんともいえない味を出していますよね
エアーで開閉するあの乗降ドアーのシュパーという音が
なんともアメリカらしい旅情を感じます
Commented by captain_spoc at 2014-06-06 23:07
☆nextdayさんこんばんは^^
お珍しいですね
夜行バスですか・・・
一体あれは何だったのか?
あれこそ若さと青春そのものなのでしょう
Commented by bakabon165 at 2016-11-28 17:53 x
よく昔は夜行寝台列車で大阪から九州にと往復しました。夜の車窓より眺める情景は、漆黒の闇と家灯り、石油コンビナートの光輝く幾何学的なパイプ造形美、朝日がまだ昇らない夜明け前から徐々に増えだす行きかう人々。思い出すと懐かしい。最近の高速夜行バスでは風景があまり見れないので残念でした。余談ですが当時はヂーゼル機関車でしたのベッドに寝ていても発車時は連結器が「ガシャガシャ、ガシャーン」と派手に揺らされたものでした。写真を見ていると私なりに昔日の思い出がふと懐かしく浮かんで来ました。有難うございました。
Commented by captain_spoc at 2016-11-28 22:17
> bakabon165さん
昔は夜行列車がよく使われていましたね
私が住んでいた下関は関門海底トンネルの入り口で
此処だけは煙が溜まるので蒸気機関車は使えず
電気機関車でヒュィーと言う発車の汽笛でガシャンガシャンと連結器が鳴っていました
本当に懐かしい時代です
名前
URL
削除用パスワード


<< 珍しく夏風邪を引きました      ようおこし・大阪名物岩オコシ >>