スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 05日

今年のブログの輪写真展出展作品について

e0022047_00110366.jpg
photo by Yoshi


e0022047_00112854.jpg
e0022047_00252336.jpg
今年の写真展に出展した作品
「威風堂々」です
作品を選ぶにあたり考えたのは
写真展に出展される方でマクロを撮られる方が少ないと言うことでした
それと私は飛びもんが好きということと
周りの皆さんもそれを承知していただいてました
だから艦長らしい作品と言っていただきました

写真展が終わると
半切に焼いた作品が手元に帰ってきます
自分でも納得の撮り下ろしのこの作品を
永久保存版として残しておきたいと
この作品に決めました
写真展の後はわが家で額装して
飾るつもりです

撮影日は去年の8月も終わり
ギンヤンマは毎年何回も撮影に行っています
3枚目は2010年の作品ですが
このときはカメラ雑誌に入選いたしました
それ以降になかなか納得の行く作品が撮れませんでした

この日は連写のイメージの中で
一瞬ですが閃きの一枚が見えました
あわてて裏の液晶で見てみると
フレーム一杯にピンきっちりと写っているのが確認できました
あわてて取って返してパソコンで確認いたしました
間違いなくピンが来ていました

データを見ると焦点距離252mm(35mmで約500mm)
Sモードの1/2500sec
C-AF(キャノンはAiサーボ)で高速連写
毎日1,000枚は撮っていました
夏の初めから30回は通ったと思いますので
30,000枚の内の一枚と言うことになります

パソコンのディスプレーで見るよりも
焼いて見る方が迫力を感じます
見に来ていただいた方からも凄いと言う声を聞きました
それと艦長は気が長いと言われます
これだけ根気が続いたのがそう思われたようですが
私は短気なんです

何回も撮影チャンスが有りながら
なかなか思い通りに写せずに
むかっ腹を立てて今度こそと
又挑戦する気になるのです
好きなことに対することと
難しいことに対する挑戦意欲が
この作品が撮れた原因だと思います

2010年の作品よりも
2013年の今度の作品が
自分にとって満足度・完成度は高いと思います
何より画角一杯に撮れたことが
納得できる要因でした

ラッキーな面もありますが
もう二度とこんな完成度の高い作品は撮れないかもしれません
だから大事に家で飾っておきます


[PR]

by captain_spoc | 2014-07-05 00:47 | 日常 | Comments(6)
Commented by m-k7538itami at 2014-07-05 01:50
2枚目のブログの輪の写真、見た瞬間ギンヤンマと言うより飛行機に見えました
それほど迫力がある素晴らしい写真でしたね
3枚目もくっきり、バッチリピントが合い凄いです!

昨年は蝶を何度も撮りに行きましたがスポック艦長さんの足元にも
及ばない恥ずかしいものばかりでした
ホバリングをしてる昆虫は余程気を長く、しつこいくらいに挑戦しなければなりません
スッポっクさんのチャレンジャ―振りに脱帽です
Commented by shkphappy at 2014-07-05 07:58 x
本当に一生に一回あるかないかの出来栄えのように感じる「動いていて・止まっている」トンボさんの勇姿ですね 凄いです!!!!!!!!!!
1/2500ですか またたきより早いですね
撮る方の熱意と高度に構築されたカメラのなせる技ですね
使いこなせる人がいたことがまず一番ですが…

一言で言えば「こんな宝物をゲットされておめでとうございます」です 
Commented by captain_spoc at 2014-07-05 23:35
☆クニさんこんばんは^^
写真展見に来ていただいてありがとうございます
できれば現場でお会いしてお話がしたかったです
時間が有れば飛びもんのトンボを撮りますが
丁度射撃のゲーム感覚でついつい夢中になってのめりこんでしまいます
動きを観察すると蝶の飛びもののほうがトンボよりむつかしい気がします
兎に角飛びもんは楽しいです
Commented by captain_spoc at 2014-07-05 23:42
☆shkphappyさんkんばんは^^
トンボを撮り出すきっかけのテーマは
飛んでいるトンボを止まっているように綺麗に写す・・・という事からはじめました
今回はファインダーに一杯に丁度入る距離で
トリミングも無しでシャープを掛けなくても綺麗に撮れた・・・
その瞬間は小躍りしたい位の喜びでした
これはたぶん一生のうちに何度もあるものではないと思います

当然カメラワークのハンドリングの修練は必要ですが
連写とか連続フォーカスなどの新しい機能があるおかげで撮れたと思っています
自分での満足度が大変高い作品でした
Commented by kyoncci at 2014-07-06 09:45
いつかこれをやってみたい、と思いつつ
毎年暑さに負けて(いいわけ)行けてません泣
確かに大型トンボは飛ぶコースが決まっていますから
集中できれば(できたら)大物がゲットできるかも~
蝶はその点、ひらひらですから~無理ですよねぇ~
私も大型アゲハを一回だけゲットできただけです泣

一枚目もすごいけど
何度見ても2枚目が好き
この戦闘機そっくりのフォルム
いかしてる
Commented by captain_spoc at 2014-07-06 22:58
☆kyoncciさんこんばんは^^
研究熱心で努力家のkyoncciさんならできると思います
でもできたからと言ってどうって事無いのですが
その達成感は難しければ難しいほど大きいもので
やる価値は有ると思います

そうですか最後のヤンマがお気に入りですか・・・
ありがとうございます
これとて私のお気に入りのショットなんです


<< 旧友の来阪にフレンチでランチを      江戸時代の武士の嗜みと言われた... >>