2014年 07月 05日

旧友の来阪にフレンチでランチを

e0022047_23013414.jpg
e0022047_23014941.jpg
e0022047_23020461.jpg
高校時代の同級生が学会で大阪に来ると連絡があり
時間の合うものだけで集まり
ランチをいただくことになりました
何時もはこのメンバーの集まりは
がんこ寿司の曽根崎本店で集合だ
今回は一寸気取ってフレンチとなりました

スパークリングワインで乾杯しましたが
話がはずんでもう一本注文
2本目は甘口のスパークリングワインで
こっちは一寸後味に残って失敗だった
ランチメニューと言えども
2,800円でコース料理

込み具合も丁度満席になるくらいで
店の前で並ぶと言うこともなく
ゆったりとお話を楽しみながら
男が食っても満腹になるくらいの結構なボリューム
それにボトル2本は一寸多かったか?

伊勢丹三越の上にある「ビストロ・バリエ」
ここはランチでもコース料理のみ
2,800円か4,100円の2コース
料理を運んでくれるメートルさんと
ワインや素材の話が面白い

ゆったりとした空間と
雰囲気のある店で
時間を気にせず話ができる
それでこの値段はコスパを考えると
われわれの年代には丁度良いランチの店と言える
安けりゃそれでええと言う若者には
一寸お高いかもしれないが・・・

友人が神戸に行かねばならない時間になったので
一寸酔っ払ってしまったが帰路に就いた
夜はカミサン晩酌を用意してくれたが
昼飲んだからと断った
怪訝な顔をしていたが
気持ちよく酔えればそれ以上は必要ない

[PR]

by captain_spoc | 2014-07-05 23:28 | グルメ | Comments(0)


<< 万博公園にはアートが溢れている(2)      今年のブログの輪写真展出展作品... >>