2014年 07月 13日

クロマイ・シロップとは何のコッチャ?

e0022047_21384141.jpg
写真雑誌を見ていると
コサギの美しい写真が載っていました
それを見ているうちに自分でも良く似たシーンを撮っていたと
古い記憶をよみがえらせて昔の写真を持ち出しました
とても難しい状況の写真です

伊丹市内にある池でコサギが群れていました
暗い暗渠の中に一羽が餌を探して入り込みました
水面に白い波紋を映して佇んでいます
こういうコントラスト(ダイナミックレンジ)の大きい場合に
綺麗に撮るのは大変頭を悩ませる作業なんです

暗渠の中は暗いのでカメラは露出を大きくしようと作用します
即ちAモードならばシャッター速度が長くなります
暗渠の中は明るく写りますが
白いコサギは明るくなりすぎて羽のディテールが飛んでしまいます
その対処のために絞りのF値を絞っても
どんどんシャッター速度が遅くなって
明るさは変わりません

コサギを普通の明るさで撮るには
暗渠の背景は暗くなりますが露出補正をマイナスにします
逆に空を飛ぶコサギを写したら
明るい空に反応してコサギは黒く写ってしまいます
そのときは露出補正をプラスにいたします

暗い場面は露出補正をマイナス
明るい場面は露出補正をプラス
そういう対処をクロマイ・シロップと覚えます
どういうことか・・・
黒いシーンではマイナス(クロマイ)
明るい(白っぽい)シーンではプラス(シロップ)

このショットは撮影時に
露出補正を-1.3に設定しています
現像時にさらに画像処理でマイナス補正を掛けました
暗渠の詳細は黒くなって分かりませんが
コサギは適当な露出で良い感じになりました

クロマイ・シロップの程度は
経験によりますが
もし時間的余裕があれば
カメラ背面の液晶で見ながら
調整してください


[PR]

by captain_spoc | 2014-07-13 22:03 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by ハッセルぶらっと at 2014-07-14 08:46 x
こんにちわァ~
クロマイ・シロップ 何だか美味しそうな名前ですね^^
コサギ 羽の白さが良く表現されてますね。
大昔 この池で6×6のブロニカにニッコールの400mmを装着していたら、あるおじいさんがやってきて名刺をくださいました。
後に知ったのですが、シラサギ写真で名高い川上緑桜さんでした。
この名刺 擦り切れてしまいましたが僕の宝です^^
Commented by taropapa43 at 2014-07-14 09:06
クロマイ・シロップとは
一世を風靡した抗生物質クロロマイセチンのシロップで
小児用でトップ商品でした
三共株式会社が医療用に販売をしていました
Commented by みゃうぴぐ at 2014-07-14 15:26 x
なるほど!「クロマイ・シロップ」覚えておきます。
↓入選おめでとうございます。
スマホでも綺麗に撮れますね。
Commented by captain_spoc at 2014-07-14 23:50
☆ハッセルさんこんばんは^^
白鷺は大変撮影が難しいです
白い色が綺麗に撮るのは大変なことです
白鷺写真の達人がいらっしゃったのですか?
お会いしたかったです
Commented by captain_spoc at 2014-07-14 23:52
☆taropapaさんこんばんは^^
クロマイ・シロップという商品が有ったのですか・・・
それで納得いたしました
普通ならクロマイ・シロプラと言うべきでしょうけど
シロップと言うことにその商品を意識していると思います
三共の製品ですか・・・
懐かしいですね
Commented by captain_spoc at 2014-07-15 00:03
☆みゃうびぐさんこんばんは^^
ありがとうございますスマホの機能も大変進歩いたしました
クロマイ・シロップその場面に遭遇したら
否応なく対応しますので覚えておいてください


<< ハスの花は今が盛りと咲いています      スマホの写メでコンテストに挑戦 >>